テントの張り綱結びにおすすめ!エバンスノットの結び方(2種類)

エバンスノット

山でテントを張る時に知っておくと便利な、エバンスノットの結び方を紹介します。

張り綱の先に伸縮自在の輪を作れるので、ペグでも大きな石でも簡単に張り綱を固定できます。

結び方は2種類(後輪方式、先輪方式)。文章だけではわかりにくいので動画も作成しました!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

エバンスノットとは

エバンスノットとは、ロープや紐で伸縮自在の輪をつくる結び方の一つです。

山でテントを張るときに、張り綱の地面側に利用すると便利なのですが、結び方を知らない人も多いのではないでしょうか?

慣れれば簡単に結べるし、ほどくのも簡単です。

わりと単純な結び方なので、1回覚えれば忘れることもないでしょう(多分…)。

以前のブログで紹介したことがあったのですが、今回は詳しく説明していきます。

エバンスノットの利用場面と自在の付け替え

南アルプス・広河原山荘のテント場

山のテント場は岩の地表が多く、ペグが刺さらない場所がほとんどです。

ペグが使えない場合は、張り綱を大きめの石に巻き付けて固定することになりますね。

そんなときのために、張り綱の地面側をエバンスノットで結んでおきましょう。

エバンスノットで結んでおけば、輪の大きさが自由に調整できるので、ペグに固定することも、大きな石に巻きつけることも簡単です。

ペグや石に巻きつけてある状態では、結びの強度も高くて解けることはありません。

強風下でも安心して利用できる結び方です。

自在はテント側、地面側は伸縮自在の輪を作っておく

テント購入時は自在がペグ側(地面側)

テントを購入したときは、ほとんどのテントで自在が張り綱の地面側に装着されています(上の写真)。

自在をテント側に付け替えよう!

しかし、山でテントを張る場合は、この自在をテント側に付け替えたほうが便利です(上の写真)。

そして、自在をテント側に付け替えた後は、地面側(ペグ側)に伸縮自在の輪を作っておきましょう。

このときに、エバンスノットで結んでおくのがお勧めです。

自在をテント側に付け替える理由

自在は張り綱(ガイライン)が緩まないように、強く張っておく(テンションをかける)ための道具です。

自在をテント側に付け替える理由は2つあります。

1. 張り綱にテンションをかけるのが楽になる

自在が地面側にあると、低い位置から(腰をかがめて)自在を上に引っ張る必要があるので、力が入れにくく腰も疲れます。

自在をテント側に付け替えれば、高い位置から(腰をかがめずに)自在を下に引っ張れるので、姿勢が楽で力も入れやすくなります。

2. 張り綱を石に固定した状態でもテンションがかけやすい

ペグが打てずに、張り綱を大きな石に巻きつけて固定した場合を考えてみましょう。

自在が地面側にある場合、張り綱の上に石が乗っかっている状態なので、自在を利用したテンション調整がやりにくいですね。

自在がテント側にあれば、石の大きさや重さに関係なく、テンションをかけることができます。

なお、自在を使わずに石の位置を遠くへ動かすことで、テンションをかけることも可能ですが、狭いテント場では難しいでしょう。

狭いテント場では張り綱自体の長さを短く調節すればOK。でも面倒ですね。

エバンスノットの結び方

エバンスノットの結び方は、以下の2つの方法があります。

エバンスノットの結び方(2種類)

1.後輪(あとわ)方式・・・先に結び部分を作り、後から輪を作る方法
2.先輪(さきわ)方式・・・先に輪を作り、輪の回りを結ぶ方法

ただし、○○方式というのは私が勝手に付けた名前で、一般的な名称ではありません。(^_^;

「1」の後輪方式は一般的なエバンスノットの結び方ですが、この方法だと、どうしても結びの端が長くなってしまいます。

(私の結び方が下手なせいかもしれませんが…)

「2」の先輪方式は私が考案した結び方です。後輪方式でうまく結べない場合や、結びの端を短くしたい場合に試してみて下さい。

なお、後輪方式の結び方は、↓こちらの本を参考にしました。

ロープとひも結びの基本 (るるぶDO)

敷島悦朗 (著)
Amazonで見る
楽天で見る

エバンス・ノットという名前は、この本で初めて知りました。結び方は以前から知っていたのですが、何と呼ぶのか永らくわからず……この記事を書くにあたって、調べ直していたところ、この本を見つけ名前がわかりました。

用語説明:ロープの端と元

まず、ロープの結び方に必要な用語を簡単に説明しておきます。

ロープの先端で結びを作る側を端(はし)と呼び、それ以外の部分を元(もと)と呼びます。

ロープの先端が、端(はし)です! (下の写真を参照の事)

後輪(あとわ)方式

では、具体的にエバンスノットの結び方を説明します。

最初は一般的な後輪(あとわ)方式です。

エバンスノットの結び方(後輪方式①)
(1) 張り綱の端を人差し指と親指で持ちます。

エバンスノットの結び方(後輪方式②)
(2) 張り綱の元を、人差し指の先端から根本方向に3回巻きつけます。

エバンスノットの結び方(後輪方式③)
(3) 張り綱から人差し指を抜くと、三重の結び部分が出来上がります。

エバンスノットの結び方(後輪方式④)
(4) 張り綱の元を、三重の結び部分の下から上へ通して輪を作ります。

エバンスノットの結び方(後輪方式⑤)
(5) そのまま、張り綱の端と元を引っ張れば完成です!

三重の結び部分が崩れないように引っ張るのがポイント。

崩れそうになったら、指で形を整えながら引っ張ると良いでしょう。

輪の調整方法と解き方

エバンスノットの結び方(後輪方式⑥)
大きな石に巻きつける時は、輪の部分を引っ張れば大きくなります。

エバンスノットの結び方(後輪方式⑦)
ペグに引っ掛ける時は、張り綱の元を引っ張れば輪が小さくなります。

エバンスノットの結び方(後輪方式⑧)
ペグに引っ掛けた後、そのまま張り綱を引っ張れば、輪が締まってペグに固定できるのです。

エバンスノットの結び方(後輪方式⑨)
解く時は、結び部分を持って、張り綱の元を引っ張れば、簡単にほどけます。

先輪(さきわ)方式

次は、私が考案した先輪(さきわ)方式です。

エバンスノットの結び方(先輪方式①)
(1) 張り綱の端を20cmほど残して輪を作ります。(輪の大きさは関係なし)

エバンスノットの結び方(先輪方式②)
(2) 作った輪を、人差し指び方向に沿うように持ち替えます。

エバンスノットの結び方(先輪方式③)
(3) 張り綱の端を、人差し指の先端方向に輪と一緒に3回巻きつけます。

エバンスノットの結び方(先輪方式④)
(4) 張り綱から人差し指を抜くと、三重の結び部分が出来上がります。

エバンスノットの結び方(先輪方式⑤)
(5) 張り綱の端を持って、三重の結び部分の上から下へ通します。

エバンスノットの結び方(先輪方式⑥)
(6) そのまま、張り綱の端と元を引っ張れば完成です!

三重の結び部分が崩れないように引っ張るのがポイント。崩れそうになったら、指で形を整えながら引っ張ると良いでしょう。

輪の大きさの調整方法と解き方は「1」の後輪方式と同じです。

動画をご覧ください!

うーん。

写真と説明だけじゃわかりにくいなー!

という人は、↓こちらの動画をご覧ください!(画像をクリックすると再生します)

【動画】後輪方式
【動画】先輪方式

以上、エバンスノットの結び方2つ(後輪方式と先輪方式)でした。

テント場でもすぐに結べるように、練習しておきましょう。

テント泊の小技
スポンサーリンク
スポンサーリンク

最後までご覧頂きありがとうございました!
ご意見・ご感想・ご質問などありましたら、お気軽にコメントをお寄せください。
コメント欄へ
山旅GOGOトップページへ

↓ブログランキングに参加中です。応援クリックお願いします!
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

山旅GOGO

~~~ コメント ~~~

  1. なっちゃん より:

    素晴らし過ぎて唸った!拍手と感謝でいっぱい(๑˃̵ᴗ˂̵)♡

  2. はたけ より:

    「自在をテント側に付け替える」の一言で私の悩みが解決されました。
    いつも自在は地面側だったので先入観に騙されたようです。
    大変助かりました、ありがとうございました!

    • 鈴木ライト より:

      はたけさん、コメントありがとうございます。
      悩みが解決できて良かったです!