テント泊の小技11~絡み防止!テント撤収時の張り綱の束ね方


↑ダンロップ・VS20の張り綱

今回はテント撤収時の張り綱(ガイライン)の束ね方を紹介します。

テント撤収時にひと手間かけることで、張り綱の絡みを防止できて、次のテント設営が楽になりますね!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

張り綱が絡まっていたら!

テントを設営する際に、張り綱(ガイライン)が絡まってしまったことはありませんか?

もうー、イライラするー!

天気が良ければ、まだいいんですが、雨の日や強風の日だったら大変です。

天候が悪い時には、素早く、手際良く、テントを設営する必要があります。

そんな時に張り綱が絡まっていたら、雨の中、強風の中で、絡まった張り綱をほどかなければなりません。

ゲゲー、うそだろー!

もしも、絡まった張り綱がほどけなかったら……

最悪の場合、テントを張れないなんてことにもなりかねませんね。(;_;)

絡み防止は張り綱を束ねておくこと

でも大丈夫です。テント撤収時に張り綱(ガイライン)をちゃんと束ねておけば、そんなトラブルは起こりません。

多少手間はかかりますが、このひと手間をかけることで、絡みを防止できて次のテント設営が楽になるのです。

ただし、変な束ね方や結び方をしていると、結び目がほどけなくなったっり、ほどいたつもりが、かえって、こんがらがってしまうこともありえます。

私も何度かそんな経験がありました。

せっかく、張り綱が絡まないように結んでおいたのに、ほどこうとした時に絡まってしまったことが……

ということで、今回は簡単にできる、ほどきやすい張り綱の束ね方を紹介します。

テント撤収時の張り綱の束ね方

では、早速、張り綱の束ね方を説明していきます。

説明で使用しているテントは、ダンロップ・VS20です。張り綱の自在は、テント側に付け替えて、地面側はエバンスノットで結んでカスタマイズ済み。テントのカスタマイズについては、こちらの記事をご覧ください。

張り綱の束ね方

張り綱のまとめ方①
1. まずは、張り綱の両端を伸ばしておきます。

テント設営中は張り綱の先端に大きな輪をつくり岩に固定したり、自在で長さを調節したりしているので、束ねやすいように張り綱の両端を伸ばしておきます。

張り綱のまとめ方②
2. 伸ばした張り綱を片手にぐるぐる巻いて束ねていきます。(張り綱を30cmほど残す)

ゆる巻きでOK。強く巻き過ぎると手が抜きにくくなってしまいます。

張り綱のまとめ方③
3. 張り綱を30cmぐらい残して手を抜きます。

張り綱のまとめ方④
4. 束ねた張り綱の真ん中を押さえるように持ち替えます。

張り綱のまとめ方⑤
5. さらに、束ねた張り綱の真ん中あたりを、残った張り綱で3-4回巻きます。

この時に束ねた張り綱がくずれないように、元の張り綱に重ねるように巻くのがポイント。

張り綱のまとめ方⑥
6. 最後に1回ゆるく巻いて、隙間を作ります。 

⑦
7. 残りの張り綱で輪を作り、6. の隙間に下から上へ通します。


8. そのまま、7.の輪を引き絞ります。


9. これで完了です。

慣れれば1箇所30秒ぐらいで束ねられるでしょう。

張り綱は4箇所あるので合計で約2分の作業です。

張り綱のほどき方

ほどくときは張り綱の先端を引っ張るだけ。

簡単にほどけて張り綱が絡まることはありません。

動画で確認!

写真だけだとわかりにくいかもしれないので、動画を作成してみました。

↓こちらの画像をクリックすると再生します。

以上、テント撤収時の張り綱の束ね方でした。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
テント泊の小技

最後までご覧頂きありがとうございました!
ご意見・ご感想・ご質問などありましたら、お気軽にコメントをお寄せください。
コメント欄へ
山旅GOGOトップページへ

↓ブログランキングに参加中です。応援クリックお願いします!
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

山旅GOGO

~~~ コメント ~~~