テント泊の小技7~雨の日のテント撤収!レジャーシートが必需品

今回はテントの設営・撤収時に便利なレジャーシートの使い方を紹介します。

レジャーシートがあれば、テント泊装備や荷物を一時的に置けるので、テントの設営・撤収作業が楽になります。

雨の日のテント撤収には特に便利。必需品と言っても良いでしょう!

広告

レジャーシート利用のすすめ

テントの設営・撤収にはレジャーシートがあると便利です。

そばにザックを立てかけて置く場所がない場合、テントを設営・撤収するときに、ザックを地面に置いて作業しなければならないからです。

地面が濡れているときは、ザックが泥だらけになってしまう場合もあります。

そんなとき、レジャーシートがあればザックや荷物を汚さずに済みますね。

レジャーシート利用のメリット
  • テント設営・撤収時にザックや荷物を汚さない
  • 一時的に荷物を外に置ける(雨の日は効果大)

また、レジャーシートがあれば、テント泊装備や荷物を一時的に外に置いておけるので、テントとの設営・撤収作業もはかどります。

レジャーシートは荷物置き場として使うので、百円ショップで売っている薄いもので構いません。

単独(1人)なら、1畳ほどのレジャーシートで充分です。

テント設営・撤収時のレジャーシートの使い方

では、具体的なレジャーシートの使い方を説明していきましょう。

まず、通常(雨が降っていないとき)のテント設営時とテント撤収時の使い方です。

テント設営時

テントを張る場所が決まったら、そばにレジャーシートを敷きます。

そして、レジャーシートの上にザックを置いて、テントの設営道具(テント本体、フライシート、テントポール、等)を取り出しておきましょう。

そうすれば、テントの設営がスムーズにできます。

テントを設営したらザックから重い物や、すぐに使いそうなもの(テントの出入り口付近に置くもの)を、先にレジャーシートの上に出しておきます。

そうすれば、ザックが軽くなりテント内に移動するのが楽になります。

また、テント内の荷物も整理しやすくなるでしょう。

テント撤収時

テントを撤収するときは、テント内の荷物をすべて片付けておかなければなりません。

そのためには、ザックの中にすべての荷物をパッキングしてから外に出すのが普通です。

しかし、狭いテントの中でのバッキング作業は結構大変です。

時間もかかりますが、労力もかかります。

そこで、レジャーシートの出番です。

使い方はテント設営時と逆になります。

ある程度、荷物の片付けが済んだら、ザックの中にすべてパッキングするのではなく、テントの外(入口付近)にレジャーシートを敷き、とりあえず荷物を全部外に出してしまうのです。

これでテントを撤収することができます。

ザックへのパッキングは、テントを撤収した後で、ゆっくりやればいいんです。

雨の日のテント撤収手順

次は、雨の日のテント撤収手順です。

雨の日は手早く、要領よく撤収しないと、テントも荷物もびしょ濡れになってしまいます。

迅速に撤収できるように、雨の日のテント撤収手順をイメージトレーニングしておくと良いでしょう。

以下に、レジャーシートが無い場合/ある場合に分けて説明します。

レジャーシートが無い場合

雨の日のテント撤収手順(レジャーシートなし)
  • テントの中で荷物をザックにパッキング

    レインウェア、ザックカバー、テントの袋、以外すべてパッキングします。

  • レインウエアを着る

    テントの袋はレインウェアのポケットに入れておきます。

  • ザックにレインカバーを被せてテントの外に出す

    ここからは手早く作業を進めます。

  • テントを撤収して袋に収納する

    張綱を外す→フライシートを外す→ テントポールを外す→ テント本体を畳んで収納(テント本体を濡らさないように先に収納すること)→フライシートを畳んで収納→テントポールを畳んで収納→ペグを回収 

  • テントの袋をザックにパッキング

    テントの袋は、さらにポリ袋等に入れてパッキングすれば、ザックの中が濡れる心配もなし。

  1. テント本体とフライシートは畳まずに、大きめのポリ袋等に丸めて突っ込む
  2. テント本体とフライシートは別々の袋に入れる(テント本体が濡れないように)

レジャーシートが無いと、上記3~4の作業中にザックの背面が濡れてしまいます。

(レインカバーをしているので表側は濡れませんが)

濡れるだけならまだいいですが、ザックを地面に直接置いた場合は泥だらけになってしまいます。

レジャーシートが有る場合

レジャーシートが有れば、ザックの背面が濡れたり、泥だらけになることを防げます。

使い方と手順は以下の通り。

上記の「3.ザックにレインカバーを被せてテントの外に出す」という手順が、次の3つの手順に変わります。

雨の日のテント撤収手順(レジャーシート利用)
  • 3.1
    テントの外にレジャーシートを敷く
  • 3.2
    ザックにレインカバーを被せて、レジャーシートの上に出す
  • 3.3
    レジャーシートの半分をザックの上に被せる

↓こういう状態です。わかりますか?

こうすれば、ザックの背面が濡れたり、泥だらけになることはありません。

(多少は濡れますが…)

テント本体を収納した袋もレジャーシートの隙間に入れて置けば、フライシートやテントポールを畳んでいる間に濡れなくて済みますね。

あとがき

雨の日のテント泊は憂鬱ですが、テントの撤収方法なんかを考えているうちに、

(手早く、要領よく、なるべく濡れないように……)

だんだん、雨の日に実践するのが、楽しみになってきたんじゃないでしょうか?

そうでもないですか (^_^;

~~~ コメント ~~~