【山飯】アルファ米のおいしい作り方Part3~煮て&蒸す!

(4)

クッカーを使った、アルファ米のおいしい作り方の第3弾です。今回紹介するのは、もっとも簡単で失敗も少ない方法です。クッカーが焦げ付くこともなく、なんとチタン製のクッカーでもおいしく作れてしまうという夢のような方法です。ぜひ一度お試しください!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

アルファ米のおいしい作り方Part3

いままでにアルファ米のおいしい作り方として、下記の2つの方法を紹介してきました。

アルファ米のおいしい作り方

今回は紹介するのは、もっと簡単で失敗も少ない方法です。白飯でも味付け&具入りのアルファ米でもおいしく作れます。さらに、クッカーが焦げ付くこともなく、なんと熱伝導率が低くて調理には向かない、チタン製のクッカーでもおいしく作れてしまうという夢のような方法です。

名付けて…チタン製クッカーでもおいしく作れる…

アルファ米は煮て&蒸す方式!

んー、いまひとつでした。(^_^;

では早速、作り方を説明していきましょう!

アルファ米は煮て&蒸す方式の作り方

準備するもの

まずは準備するもの。

●アルファ米
白飯でも味付け&具入りアルファ米でもOK


尾西のアルファ米

●水
・アルファ米を戻すのに必要な量。パッケージに記載してある量より若干多め。
・柔らかめの米が好みの場合は、水の量を多めにしてください。

●クッカー(コッヘル)
・蒸気が逃げないように蓋に隙間がないもの
・チタン製クッカーでもOK(アルミ製のほうが良い)

●スプーン等
・アルファ米をかき混ぜる時に使用。

●バーナー(ストーブ)
・火力調整(強火~弱火)できるもの。

作り方

作り方は簡単。アルファ米を1分煮て10分蒸すだけです。作り方というほどのことでもないんですが…とりあえず説明していきましょう。

1】クッカーでお湯を沸かす(強火)

アルファ米のおいしい作り方~クッカーでお湯を沸かす(強火)
クッカーでアルファ米を戻すのに必要な量の水(パッケージに記載してある量より若干多め)を沸かします。強火でOK!

【2】アルファ米を投入し、スプーンでかき混ぜる

アルファ米のおいしい作り方~沸騰したらアルファ米を投入。
沸騰したらアルファ米を投入します。

アルファ米のおいしい作り方~手早くスプーンでかき混ぜる
手早くスプーンでかき混ぜて、お湯になじませます。

【3再沸騰したら、弱火にして水分が少なくなるまで煮る

アルファ米のおいしい作り方~再沸騰したら弱火にします再沸騰したら弱火にします。

アルファ米のおいしい作り方~弱火で水分が少なくなるまでかき混ぜる
焦げ付かないように、スプーンでかき混ぜながら、水分が少なくなるまで煮ます。(約1分)

【4火を止めて、蓋をして10分蒸らす

アルファ米のおいしい作り方~火を止めて蓋をして10分蒸らす
水分が少なくなったら火をとめ、クッカーの蓋を閉めて蒸らしに入ります。(約10分)
蒸らしている間にクッカーの蓋は開けないこと。(熱い蒸気が逃げて温度が下がってしまうので)

【5蓋を開けて、かき混ぜて水分を飛ばす

アルファ米のおいしい作り方~蓋を開けてかき混ぜて水分を飛ばす
蒸らし終わったら蓋をあけて、スプーンでかき混ぜて余分な水分を飛ばします。
水分が多い場合は、弱火にかけてかき混ぜながら水分を飛ばせばOK!

アルファ米のおいしい作り方~出来上がり!
はい、出来上がりです!

通常のアルファ米の作り方~パッケージにお湯を入れて戻す方法~では、どうしても米粒が潰れた感じなってしまいますが、この方法で作れば、米粒が一つ一つたったような出来上がりになります。

おいしそうでしょう?

これなら、おかずなしでも白飯だけでも充分食べられます! ぜひ、一度お試しください!

動画を作成しました!

動画を作成しましたので、こちら↓もご覧ください。

【山飯】アルファ米のおいしい作り方Part3~煮て&蒸す!

追記~シェラカップで半ライス!

コメントで、シェラカップで半ライスを作る方法を紹介してもらったので、私も早速試してみました。(匿名さん、ありがとうございました!)

アルファ米は尾西の白飯を使用。アルファ米の量は50g、水の量は90~100ml(固めが好きな人は90mlぐらいでOK)。使ったシェラカップはスノーピークのチタン製シェラカップです。

蒸らすときに、ちょうどいい蓋がなかったのでアルミホイルで代用しました。かき混ぜたスプーンにも、アルファ米の粒が付着してしまうので一緒に蒸らしています。

上手く出来上がりました!
ラーメンだけだと「ちょっと物足りないなぁー」というときにピッタリの量ですね。

注意点はシェラカップは火にかけると「とっ手がとっても熱くなる」ので、軍手などをしないと火傷します。あと、チタン製は焦げ付きやすいので「沸騰した後は超弱火」にして、手早くかき混ぜるのがコツです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
山飯

最後までご覧頂きありがとうございました!
ご意見、ご感想、ご質問などありましたら、お気軽にコメントをお寄せください。当サイトでは山旅の楽しさと、お役立ち情報を掲載しています。他の記事もぜひご覧ください。
山旅GOGOトップページへ

↓ブログランキングに参加中です。応援クリックお願いします!
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

山旅GOGO

~~~ コメント ~~~

  1. 匿名 より:

    会社の非常袋の備蓄アルファ米の賞味期限が切れたので家に持って帰ってきて試してみました。
    この方法だと本当に食べられる米になる。
    湯戻しだと嫌々食べていたけど、次からこのやり方で食べます。

    • 鈴木ライト より:

      コメントありがとうございます。
      試していただけて…さらに、共感してもらえて嬉しいです!
      少し手間はかかりますが、グーンと美味しくなりますね。

  2. 匿名 より:

    追記
    100gを半分の50gにして水を100cc弱にするとシエラカップに丁度収まりました。
    シリコン蓋とセットで使えばクッカーを使わずに片手間で作れるので
    麺がメインの時の半ライス追加で活用しようと思います。

    • 鈴木ライト より:

      シェラカップを使って半ライスを作るなんて…素晴らしいアイデアです!
      私も今度試してみます。シェラカップの蓋はアルミホイルでも代用できるかな。