クマ対策2~クマに遭遇した時の対処方法


※写真はクマ撃退グッズ?

前回ブログの続き)

クマ被害を避けるには?

クマ被害を避けるためには、
クマと遭遇しないことが最も重要!ということで、
クマに遭遇しないための予防方法を、前回ブログにまとめました。

しかし、
山に入ったら、
完全な予防方法はないというのが実情です。

山に行かなければ…

山に行かなければ、
クマに遭遇することもないのですが…
でもやっぱり、山には行きたいですね。

山に行かないとしたら、
この先何を楽しみに生きていけばいいのでしょうか?(^_^;
山の楽しさを知ってしまったら、
山に行かない人生なんて考えられませんね。

クマに遭遇しても…

クマに遭遇したからといって、
必ず襲われるというわけではありません。
正しい対処方法を知っていれば、
ほとんどの場合は、クマの方から立ち去っていくようです。

たとえ、
クマが襲ってきたとしても、
正しい対処方法を知っていれば、
被害も最小限におさえられるはずです。

では実際に、
クマと遭遇した時はどうすればいいのか?
クマが襲ってきた時に助かるための最善の方法は?

ということで、
クマ対策の核心部分について、
私が調査した結果を、自分なりにまとめてみました。

クマに遭遇した時の対処方法は、
以下の2冊の書籍と
・熊がひとを襲うとき/著者:米田一彦(つり人社)
・クマに会ったらどうするか/語り手:姉崎1氏(ちくま文庫)
知床財団のサイトを参考にしています。
知床財団>ヒグマ対処法

クマに遭遇した時の対処方法

クマに遭遇した時には、落ち着いて対処することが重要です。
クマはむやみに人間を襲うことはありませんが、
危険を感じれば攻撃してくることもあります。

慌てず、騒がず、クマを刺激しないように対応できるように、
以下の対処方法を、しっかりと頭に叩き込んでおきます。

【1】クマに遭遇した時

【絶対やってはいけないこと】
・背中を向けて逃げる
 クマは、逃げる物を追う習性があるので、
 クマに遭遇した時には、絶対に逃げてはだめ!
 クマは人間より早く走れるので、逃げ切れる可能性はほとんどない。

●静かに立ち止まり、クマの動きを観察する。
 ・遠くにいるだけなら心配なし。
 ・一頭か、子連れかも確認。子連れの場合は危険性が高くなる。
 ・至近距離で遭遇した場合でも、慌てず、騒がず、クマを驚かさないこと。

●クマがこちらに気付いていない場合
 静かに、ゆっくりその場を離れるか、クマが立ち去るのを待つ。

●クマがこちらに気付いている場合
 クマから目を離さずに、ゆっくり、後ずさりでその場を離れる。

【注意】
・急な動作はクマを刺激することになり危険です。
・しゃがむ、拾う、等、身をかがめる行為は、攻撃を誘発する可能性があります。

【2】クマが接近してきた時/立ち上がった時

●クマから目をそらさず監視すること。
 目をそらすとクマに隙きをみせることになり、
 また、クマにも弱い相手とみなされ、攻撃される危険があります。

●木陰に身を隠す
 近くに木や、身を隠せる場所があれば、ゆっくりと移動して動かないこと。
 動かななければ、クマが見失う可能性があります。
 (頭、手足を動かさなければ、クマは人間を認識できないようです。)

●身を隠す場所がない場合
 ・クマとの間に障害物になるようなものがあれば、突進に備えて、ゆっくりと移動する。
 ・ゆっくりと両腕をあげてふり、体を大きくみせる。

【注意】
・木に登って助かるケースもありますが、
 クマは木登りが上手なので、後を追いかけてクマも木に登ってきます。
・クマに穏やかに話しかけると、クマを落ち着かせる効果が期待できますが、
 逆にクマを刺激する可能性もあります。

●クマが立ち上がった時
 クマが立ち上がるのは、周囲の状況を確認するための動作です。
 攻撃動作ではないので、慌てる必要はありません。

【3】クマが突進してきた時

クマが突進してきても、多くの場合は威嚇行動です。
あわてずに落ち着いて対応することが大切です。

●クマが突進と後退を繰り返す/激しく地面を叩く
 ・威嚇しているだけなので、落ち着いて対応する。
 ・クマから目を離さずに、ゆっくり、後ずさりでその場を離れる。

●クマが突進を止めない場合
 身を隠す場所もなく、障害物になる物もない場合は強気で威嚇する。

クマを威嚇する方法

●大声を出して威嚇する
 ・ウォーとか、ワァーとか、バカヤローとか
 ・キャーという悲鳴は、逆に弱さとみなされる危険あり?

●物を振り回す
 ・ストック、傘、帽子、ベルト、木の枝、等
 ・傘は開くと効果的
 ・クマは蛇を嫌うので、蛇に似た縄やベルトを振り回すのが効果的

●何もなければ手を振り回す。

【注意】
・あくまでも威嚇にとどめること、攻撃するのは逆効果です。

【4】クマが襲ってきた時

万が一、クマが襲ってしてきた場合は、
下記の対応で、被害を最小限に抑えます。

●反撃しない
 下手に反撃しないこと。
 クマと戦って撃退したケースはありますが、
 一般の人が戦って勝てる相手ではありません。 
 中途半端に反撃すると、返ってクマを逆上させる恐れがあります。

●防御姿勢をとって攻撃に耐える
 すばやく下記の防御姿勢をとって、熊の攻撃から身を守ります。

防御姿勢(うつぶせ首ガード法)
地面にうつ伏せになって腹部を守り、両手で首(頸動脈)と顔面をカバーする。
背面は背負ったザックを利用する。

出典:熊が人を襲うとき/著者:米田一彦(つり人社)

一見、無抵抗でやられ放題のような気がしますが、
クマは抵抗しなものは襲わない習性があるので、
襲われても、被害の重症化を防ぐ効果があります。

●リターン攻撃に注意
 クマは動かなくなった人間を、遠くから長時間監視している場合があるので、
 クマが立ち去った後も注意が必要です。

●クマが立ち去った後
 クマが立ち去ったことを確認したら、
 (クマが監視している可能性があるので)
 素早くその場を離れ、一旦、身を隠したほうがいいでしょう。
 (じっとして動かないこと)
 安全を確認したら、ゆっくりとその場を離れます。

クマ撃退スプレーについて

逆上したクマでも撃退できる、効果絶大な製品のようですが、
(突進してくるクマの、顔面に命中させる必要があります)

大きくて重く(300g前後)、噴射時間も短い(5秒前後)ので、
登山に携帯するには不向きですね。


※価格も高い(10,000円前後)

クマ対策の定説・俗説は正しいか?

最後にクマ対策の定説・俗説について、
ネット上でも、世間一般でも、
正反対の対処方法が、玉石混交していますが、

いったい何が正しいのでしょうか?
以下にまとめてみました。

死んだふりは危険?

昔からよく云われている「熊に会ったら死んだふり!」というのは、
今では、ほとんど危険な行為とされ、否定されています。

理由は、
・無抵抗で地面に横たわったら、熊に急所を襲われて致命傷になる。
・熊は死肉も食べるので、死体と勘違いされて補食される恐れがある。

というものですが、
死んだふりをして、助かったケースは多くあります。

前述のクマが攻撃してきた時の防御姿勢(うつぶせ首ガード法)というのも、
動かないという意味で、死んだふりと同じ効果があります。

正確に言うと、
死んだふりに、首、顔、腹を防御する姿勢を足したものです。
そういう意味では、
死んだふりは、状況によっては有効だと云えます。

ただし、
ナタ、カマ等で反撃した後に、死んだふりをしても、
逆上した熊の攻撃性は収まらず、致命傷を受けるケースが多いようです。

木に登るのは自殺行為?

クマは木登りが得意なので、
木に登るのは自殺行為だ!とする一方で、

・木の上ではクマも大勢が悪く攻撃力が弱まる。
・木の上からの方が反撃に有利。

とする意見もあります。

木に登って助かったケースもありますが、
クマも後を追いかけて、登ってくる場合が多いので、
木の上からクマを撃退するつもりであれば、有効と言えるでしょう。

ただし、木の上から転落して怪我をするケースもあるので、
あまり推奨できませんね。

転落した拍子に、クマにぶつかって、
あるいは、クマが驚いて逃げたというケースもありますが…(^_^;

ザックや食料を置いて逃げる?

クマに追われたら、
ザックや食料を置いて行くと、クマがそちらに気を取られるので
逃げる時間が稼げるという説がありますが、

クマは動かないものに興味を示さないので、
「物置法」は役に立たない場合が多いようです。

※ただし、ザックの中の食料目当てのクマには効果あり?

もし、食料でその場をしのげたとしても、
クマがそういう習慣を身につけてしまい、
次の被害者が生まれる可能性もあり、推奨されない方法です。

あとがき

クマ。怖いですね。
でも、山は素晴らしい。

クマを怖がってばかりだと、
山の楽しさも半減してしまいます。

クマの正しい対処方法を身につけて、
心置きなく、山を楽しみたいものですね!


最後までご覧頂きありがとうございました!
にほんブログ村ランキングに参加してます。
↓応援クリックお願いします。

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

人気ブログランキングに参加してます。
↓応援クリックお願いします。

⬇スポンサーリンク⬇

★★★シェアする★★★

⬇スポンサーリンク⬇