パノラマ銀座でまったりと…テント泊縦走レポ②(燕山荘~大天井岳~常念小屋)

燕岳大天井岳と大天荘

[前回ブログの続き]

燕山荘の朝~ご来光

燕山荘の朝~ご来光2日目の朝、天気は晴れ。

燕山荘のテント場から、
ご来光(日の出)を見ることができました。
(時刻は、4:30~5:00の間)

燕山荘の朝~ご来光

雲海の向こう側が、徐々にオレンジ色に染まり、
朝日が少しづつ登ってくる様子は感動的でした。

燕山荘

小屋からもたくさんの人達が外に出てきていました。
昨日、燕山荘のテラスで知り合った二人にも再会。

長野の人は、今日で山を降りるようですが、
松戸の人は、今日は大天荘まで、明日は常念小屋まで行くそうです。

テントに戻って朝食を食べていると、
松戸の人が、テント場に寄って声をかけてくれました。

これから、燕岳へ行ってくるようです。
途中のイルカ岩で、面白い写真が撮れるらしい?とのこと。
行ってらっしゃい!

置き土産に「くるみゆべし(くるみ餅?)」をいただきました。
くるみでつくられた和菓子です。


※上の画像は実際にいただいたものではありません。

これ、行動食にいいですね!
パサパサしないので食べやすいし、腹持ちもいいです。

朝食が終わったら、今日の山行の準備に取り掛かります。
5:30頃、テント撤収を開始して、1時間ほどで撤収完了。

トイレを済ませ、水も補給して準備完了!

燕山荘~大天荘

燕山荘から大天井岳へ

6:40頃、大天井岳へ向けて出発します。

いよいよ、パノラマ銀座の稜線歩きのスタートです!

今日の行動予定は、
燕山荘~大天荘(だいてんそう)~大天井岳(おてんしょうだけ)~常念小屋まで。
コースタイムは7時間ほどです。

大天井岳と槍ヶ岳

天気がいいので、景色をみながらゆっくり歩きはじめます。

大天井岳と槍ヶ岳

前方に大天井岳と槍ヶ岳を見ながら、緩やかな尾根道が続きます。
展望がよくて気持ちいい縦走路です。
ザックの重さに体も慣れてきたようです。

裏銀座の山々

右手方向には、裏銀座の山々が見えています。
たぶん、右から、三ッ岳、野口五郎岳、水晶岳、鷲羽岳?でしょう。

立山と剱岳

右手後方、裏銀座の向こう側には、
来週、登る予定の立山と剱岳も見えています。

蛙岩

7:15頃、巨岩地帯に突入。
V字型に割れた巨岩の間を通り抜けて行きます。

この辺が蛙岩(げえろいわ)と呼ばれているところだと思いますが、
どれが蛙岩なのかは…不明です。

手前のV字型に割れた岩か?
それとも、奥のほうに見える岩の塊なのか?

※他の人のブログでは、
 奥に見える岩を蛙岩としている方が多いようですが…

大下りノ頭

7:40頃、大下りノ頭に到着。

ここまでは順調です。
ちょっと、暑くなってきましたが…

大下りノ頭

ここから、一気に100mほど下ります。
危険な箇所もなく楽な下りですが、
下りの次には、登り返しがあるわけで…

登り返した後も、短いアップダウン続き、
一気に体力を消耗してしまいました。(^_^;

大天井岳へ

1時間ほどで、
大下りの登り返しとアップダウンを抜けると、
しばらく緩やかな道になります。

この辺で体力を回復したいところですが、
日差しが強くなり、暑くてバテバテになってきました。

大天井岳へ(コマクサ)

この辺に、コマクサの群生地がありましたが…
写真ではわかりにくいですね。

大天井岳へ

8:55頃、大天井岳を目前にしてしばし休憩をとります。

このあたりから、大天井岳への登りにかかります。
日差しは益々強くなり、暑さも急上昇。

あまりの暑さに、傘をさしている女性も見かけました!

切通岩

9:20頃、今回の縦走路で唯一(?)のクサリ場とハシゴを降りて、振り返ったところ。

この辺が「切通岩」と呼ばれる場所のようですが、
特に標識等もないので、登山中はわかりませんでした。

帰宅後に、他の人のブログを見て、
ああ、これが「切通岩」だったんだー!
てなもんです。

切通岩

クサリ場の後は、ハシゴ上の急階段が続きます。

このあたりに、
喜作新道を開拓した「小林喜作のレリーフ」があるはずですが、
(写真右側の岩の右下辺りか…)

見逃してしまいました。(^_^;

そういえば、大下りの登り返しの辺りに、
「為右衛門釣岩(ためえもんのつりいわ)」というのがあるようですが…

これも見逃していたました。(^_^;

燕山荘から大天荘へ向かう途中にある3つの岩(蛙岩、為右衛門釣岩、切通岩)は、
特に標識等がなく、わかりにくいですね。

大天荘分岐

9:30頃、大天井岳(大天荘)と槍ヶ岳の分岐へ到着。

ここから大天荘までは、約600m(標高差150m)の登りになります。
標準コースタイムは40分。

ここからの登りが、またまた、きつかったー!

大天荘まで400m地点

大天荘まで400m地点。
100mごとに大天荘までの距離を示す標識が立っています。
ガレた石ころだらけの道を、一歩一歩、登って行きます。

ガンバレー!

この前に、
大天荘まで500m地点という標識があったようですが、見逃してしまいました。

大天荘まで300m地点

大天荘まで300m地点。

あれっ?
400m地点とほほ同じ画像なんですが…
標識を見ると、ちゃんと100m進んでいますね。(^_^;

ファイトー!

大天荘まで200m地点

大天荘まで200m地点。

気合だー!気合だー!気合だー!

大天荘まで100m地点

大天荘まで100m地点。
ここからは、少し緩やかな道になります。

もうちょっとー!

大天荘

お~っと、大天荘が見えてきたー!
ここまでくれば安心だー!

大天荘~大天井岳

大天荘

10:10頃、大天荘(だいてんそう)に到着。

フー!、やっとついたー!

燕山荘を出発してから、約3時間30分。
大天荘への登りのきつさと暑さで、ヘトヘトでしたが、
標準コースタイム以内で歩いてこれました。

大天荘は大天井岳(おてんしょうだけ)の肩に建っています。
大天荘の裏側に見えているのが、大天井岳の山頂です。

大天荘の広場

大天荘の正面(常念岳方面)の広場には、
テーブル&ベンチが4~5箇所設置されています。

大天荘のテント場
写真(上)の左側の石で区画されたエリアが、テント場のようですが、
テントが張られていないので、わかりにくいですね。

大天井岳の途中

大天井岳の山頂までは往復20分。
重いザックは、大天荘の前のテーブル&ベンチへ置いていき、
サブザックだけて山頂へ向かいます。

大天井岳の途中

山頂へは、緩やかなガレ場を登ります。
岩だらけで歩きにくいですが、サブザックだけで身軽になったので、
ヒョイヒョイ歩けました。

大天井岳の山頂

大天井岳の山頂に近づいてきました。

大天井岳の山頂

10:20頃、大天井岳(2992m)の山頂へ到着!
今回のパノラマ銀座コースの中で、一番高い山頂です。

「大天井岳頂上」とかかれた山頂標識と、
少し下がったところに、小さな祠が建っていました。

大天井岳からの展望

いやー、
さすがにパノラマ銀座の最高点ですね!
槍ヶ岳・穂高連邦の見事な展望が広がっています!

正面(手前)から槍ヶ岳へ続く、喜作新道~東鎌尾根。

槍ヶ岳から右下へ続く北鎌尾根、その奥には裏銀座の山々へ続く稜線。

槍ヶ岳から左に続く稜線は、大喰岳~中岳~南岳~大キレット~穂高連峰。

動画「大天井岳からの展望」をアップしました。【2017/8/27追加】


画像をクリックすると再生します。

大天荘へ戻る

しばらく景色を堪能してから大天荘へ戻ります。
常念岳方面は雲がかかってきています。
(ちょっと心配)

大天荘~常念小屋

大天荘のテント場

10:50頃、常念小屋へ向けて出発。
常念小屋までは、標準コースタイムで3時間ほどです。

大天荘から常念小屋へ

しばらくは、緩やかな道が続きます。

大天荘から常念小屋へ

緩やかなアップダウンを繰り返して行きます。

大天荘までの登りが、かなりきつかったので、
それに比べれば、らくちんコースです。

旧二股小屋跡

11:40頃、旧二股小屋跡?(たぶん)に到着。

登山道は、
東天井岳の右側を巻いて行きますが、

東天井岳の鞍部で、一旦、左後方に折リ返し、
東天井岳の裏側に、回り込むようにして東南方向へ続きます。

東天井岳の鞍部で、間違って直進してしまうと、
中山方面の尾根へ行ってしまうので要注意!

写真があるとわかりやすいんですが、
東天井岳がわかりにくく、いつのまにか通りすぎてしまったので、
写真も撮ってなかったんですね、残念!

横通岳

12:40頃。
横通岳(2767m)「よことおしだけ」です。
雲がかかっていなければ、横通岳の裏側に常念岳が見えるはずですが…

常念小屋

13:20頃、
常念小屋が見えてきました。
にぎやかな声も聞こえてきます。
(また、中学生の集団かなぁー?)

もうすぐ到着ですね。
あと10分くらいかと思いきや…

ここから、樹林帯の急な下りになるんですが、
ここからが長かった…
なかなか辿りつかない…

常念小屋

13:40頃、ようやく常念小屋へ到着。

常念小屋が見えてから、約20分ほどかかりました。
疲労のせいかもしれませんが、実際の時間以上に長かった印象です。

では、早速テントを張ってしまいましょう!

常念小屋のテント場

常念小屋のテント場

常念小屋のテント場は2箇所に分かれています。
①小屋に近いテント場
②小屋から少し離れたテント場
どちらも、仮設トイレが3個(男2+女1)づつ設置されています。

飲料水(1L=200円)は、
小屋の受付でお金を払って、受付の横に設置されている蛇口から、
自分で水筒等に汲んでいくシステムになっています。

常念小屋のテント場

①小屋に近いテント場です。
全体的に傾斜が強くて、石ころが多いですが、
こちらの方が人気があるようです。

常念小屋のテント場

②小屋から少し離れたテント場です。
段々上に整備され(上の写真ではわかりにくですが…)、
比較的水平に近く、石ころも少なめです。(小屋に近いテント場よりも…)

常念小屋のテント場

下から見ると、段々状になっているのがわかりますね。

結構、石ころだらけで、傾斜もありますが…

常念小屋のテント場

14:40頃、テント設営完了。

小屋から遠いほうのテント場で、なるべく水平な場所に張りました。
正面の青いテントがマイテント(ダンロップ・VS20)です。

テント場の正面には、槍ヶ岳~大キレットの展望が広がっていますが、
雲が多くて槍ヶ岳(穂先)は見えませんね。

常念小屋でまったりと…

天気が良ければ、
常念岳を往復(約2時間)してきてもいいんだけど、
ガスがかかっているので、無理していってもおもしろくない。

常念岳は、どうせ、明日登ることになるし…

今日は、もうやることがないんで….

常念小屋で生ビール

槍ヶ岳~大キレットの展望を眺めながら、
(槍の穂先はみえませんでしたが…)

生ビールで乾杯!

と、これは2杯目。
1杯目は、缶ビール(500ml缶)でした。

常念小屋の受付のメニューには、生ビールがなかったので、
缶ビールを買ったんですが、小屋から出てくると…

あれっ?
小屋前のテーブルで、生ビールを飲んでいる3人グループがいるぞ!

聞いてみると、生ビールもあるよ!とのことだったんで、
缶ビールを飲み干してからの生ビールです。

やっぱ、生のほうが旨いですね!

山の飲みニケーション(2日目)

この3人グループ、
燕山荘から常念小屋まで、同じコースを歩いてきていて、
途中、何度か言葉もかわしていて、顔見知りになったいたんです。

私より少し先に小屋に着いて、テントも張り終えて、
生ビールを飲みながら、まったりしているところだったんで、
私も合流してしまいました。(^o^)/

年齢はバラバラのように見えましたが、会社の同僚だそうです。
会社の同僚と山に来れるなんて、羨ましい関係ですね。

明日の早朝に常念岳を往復して、
明日中に一ノ沢登山口へ下山するとのこと。

単独で山を歩いていると、
話し相手がいない分、自然をより身近に感じられますが、
同じ感動や感覚を、
分かち合える人がいないのが寂しいところです。

なので、
大天荘への登りがきつかったー、とか
常念小屋は見えてからが遠かったー、とか
共感してくれる人がいると、嬉しくなってしまいますね。

そういう意味では、
やはり、単独者同士のほうが盛り上がりますね!
燕山荘では、約4時間も話し込んでしまったのですから。
(その辺の話は、前回ブログをご覧ください)

今回、話していたのは、40~50分くらいですが、
まぁこのくらいが普通でしょうね。

テント場の過ごし方?

常念岳

15:40頃、
そんなこんなしているうちに、
雲が切れて、常念岳が見えてきました。

見事な山容です。
常念山脈という山脈の名前になっただけの事はありますね。

まだ、時間が早いので、
いっちょ、常念岳を往復してくるかっ!

なんて気にはなりません。
既に、酔っ払ってますから~!

しばらく周辺を散歩して、テントに戻りますが、
この日は夕方過ぎても、暑くてテントの中にいられないので、再び周辺を散歩。

虫刺されに注意!

常念小屋からの景色

常念小屋が建つ鞍部の西側に、
安曇野市(?)が見下ろせる場所がありました。
谷(烏帽子沢?)の間を風が吹き抜けてきて涼しい場所です。

しばらくここで涼んでいましたが、
暑かったので、袖をまくり上げていたんで、
気がつくと、両腕とも数カ所虫に刺されていました!

登山中は、長袖・長ズボンで行動しているので、
虫には刺されなかったんですが、

テント場で油断している時に、
虫に刺されるケースが多いので注意しましょう!

テント場でも、長袖・長ズボンが基本です!

急な雨に注意!

18:00頃?
雨が降ってきたのでテントに戻ります。
初めはポツポツでしたが、急に激しくなってきました。

隣のテントは、
入り口を開けっ放しでテントを離れていたようで、
あわてて、ダッシュで戻ってきた様子がわかりました。

翌日、話を聞いてみると、
テントの中はびしょ濡れになってしまったとの事。
天気が良かったので油断していたようです。

テントを離れる時は、必ず入り口を閉めることを忘れずに!

雨は30分ほど激しく降ってから、パタッと止みました。
まだ、夕食を食べていなかったので、夕食の準備に取り掛かります。

今日の夕食はカレーライス。
アルファ米(白飯)を炊いて、レトルトカレーを温めます。

  

昨日とまったく同じです。(^_^;

[次回ブログへ続く]


最後までご覧頂きありがとうございました。

にほんブログ村のランキングに参加中です。
応援クリックお願いします!

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村 登山

人気ブログランキングに参加中です。
応援クリックお願いします!


登山ランキング

⬇スポンサーリンク⬇

★★★シェアする★★★

⬇スポンサーリンク⬇