室堂~立山テント泊☆曇りのち雨一時晴れ②(雨の雷鳥沢キャンプ場)

[前回ブログの続き]

北アルプス・立山テント泊2日目のレポ(前半)です。

雷鳥沢キャンプ場~翌朝

降り続く雨…

2日目の朝、5:00頃。
周囲はだいぶ明るくなってきましたが、昨晩から降り始めた雨は、まだ降り続いています。

(;_;)

予定では6時頃に出発して、立山三山(別山~立山<富士の折立・大汝山・雄山>~浄土山)を時計回りに縦走する計画でした。

雨さえ降ってなければ、そろそろ準備を始めている時間ですが、気温も低くて寒いので、雨の中を出発する気にはなりません。

スリーピングマットの空気漏れのせいで、背中と腰も痛いし…

しばらく様子を見ることにします。

雷鳥ザワキャンプ場(雨)雷鳥沢キャンプ場(翌朝5:30頃)

5:30頃。
ようやく、雨が小降りになってきました。
今のうちにトイレに行っておきましょう。

サンダルは持ってきましたが、雨が降っているので登山靴を履いて、傘をさしてトイレがある管理棟へ向かいます。

テント場のあちこちに、大きな水溜りができていました。
ちょっとした窪地でも、雨が降り続くと水溜りになっちゃいますね。

我々のテントは、平坦で水はけの良さそうな場所に張ったので大丈夫でしたが、テントが水没してしまったのでしょうか?テントの場所を移動しているグループもありました。

他のテントの人達も、雨が小降りになったので外に出てきました。
トイレのある管理棟の前は、雨宿りもできるので、だんだん人が集まってきます。

みなさん、空を見ながらどうしようか迷っている様子。

出発か…停滞か…それが問題だ!

今のところ、晴れそうな気配はありません…

停滞…

雷鳥沢キャンプ場(雨)とエスパース・スーパーライト(4-5人用)雷鳥沢キャンプ場(翌朝6:00頃)

トイレから戻ってくると、
テントを撤収しはじめたグループがちらほらと。
既にテントを撤収して、出発したグループもいました。

縦走型のテント泊山行の場合は、次の目的地へ行くために、これくらいの雨なら出発する場合が多いでしょうが、今回はベースキャンプ型なので、急いで出発する必要はありません。

天気に合わせて、出発時間や登山コースを変更できるのも、ベースキャンプ型のいいところです。

縦走型とベースキャンプ型

縦走型は、テント泊装備一式を担いで、山々を繋いで歩く山行スタイル。
自由なコース設定が可能で、衣食住のすべてを背負って山を歩くという、テント泊の醍醐味が味わえます。山を歩く時の装備が重くなるのが難点です。

ベースキャンプ型は、テントを張った場所をベースキャンプとして(重い荷物はテントに置いていく)、軽装備で周囲の山々を歩く山行スタイル。山を歩く時の装備が軽くなるので、楽に山歩きを楽しめます。ただし、その日のうちにベースキャンプに戻る必要があるので、行動範囲は狭くなります。

6:00頃。
しばらくすると、雨はまた本降り状態に…

このまま雨が止むのを期待してただけに、

ガックリ…です。 ○| ̄|_

急ぐ必要もないので、
雨が止むまで…せめて小降りになるまで、テントの中で停滞することにします。

停滞とは
停滞とは、悪天候や体調不良でテントや山小屋に留まる事。沈殿ともいいます。

朝食~珈琲を飲みながら…

ということで、
とりあえず朝食にします。

朝食は…なんだったけ?忘れてしまいましたが…

山行前にT氏が作ってくれた、食料計画表を見ると…

ホットドッグクラムチャウダーでした。(^_^;)

ロングソーセージをジェットボイルで茹でている間に、ホットドック用のパンにバターを塗っておきます。

ジェットボイル
ロングソーセージを茹でるのに便利!


ロングソーセージが茹で上がったら、ホットドック用のパンにはさんで、お好みでケチャップマスタードをかけて頂きます。

パンはロースターで少し焼けば、もっと美味しくなりそうですが…贅沢はいいません。

クラムチャウダーはカップスープなので、お湯を入れてかき混ぜるだけ。

食後は、ドリップバッグの珈琲を淹れてゆっくり珈琲タイム。

珈琲を飲みながら、今日の行動予定を話し合います。

今日の行動予定(話し合い)

当日の天気予報では、お昼頃には雨が止みそうでなんですが…
山の天気予報は、はずれる場合が多いので、あんまりあてにはできません。

T氏Y氏
さーて、どうする?
立山三山はもう無理だね!雨が止めば、立山だけの往復なら行けそうだけど…

この天気だと、予定していた立山三山(別山~立山~浄土山)の縦走は無理ですが、立山<雄山・大汝山・富士ノ折立>の往復なら行けそうです。
ただし、雨が止めばですが…

T氏Y氏
雨が止まなかったら?
昼までに雨が止まないと、今日は何処にも行けないね。

小雨になれば別ですが、この雨の中、無理して登っても楽しくないですね。
雄山を往復するだけでも約5時間ほどかかるので、遅くても昼頃には出発する必要があります。

最悪の場合は(昼までに雨が止まない場合)、今日は何処にも行けません。
かといって、雨の日にテントの中で一日中過ごすのも退屈です。

明日の天気も悪そうなので、
いっそ今日中に扇沢まで下山してしまおうか?と提案しましたが…

雨が止まなかったら、今日中に扇沢まで下山したほうがいいかもね?
T氏Y氏
いやいや、今日がだめなら明日があるし!
明日も雨かもしれないし…もっと酷くなるかもよ?
T氏Y氏
うーん。それはそれでしょうがない…雄山だけでも登りたい!

せっかく来たので、
雄山だけでも登りたい!ということで、今日中に下山する案は却下されました。(^_^;

今日は雨が止むのを待つことに…今日がだめなら明日に期待しましょう!

雨雲の動きをチェックして…

8:00頃。
その後、雨は多少弱くなったり、強くなったりしながら降り続きます。

雨さえ止んでくれれば出発できるのにー!

そんな思いで、スマホアプリで雨雲の動きをチェックしていると…

立山の上空にあった雨雲が、2時間後(10時頃)に切れそうです。

あっ、10時頃、雨雲が切れそうだよ!
T氏Y氏
じゃー、10時に出発しようか!

雨が止むのを待っていると、出発が遅くなってしまいそうなので、このタイミングで(10時頃)出発すること決めました。

登山中の天気と雨雲の動きは、
日本気象協会の公式スマホアプリ(tenki.jp登山天気)で確認。
・現在~1,2,3時間後の雨雲の動きがわかります。
・天気図は現在~24,48,72時間後が確認出来ます。
詳細はこちらから↓
tenki.jp登山天気
※有料(月240円)ですが、1ヶ月の無料期間があります!

出発することに決めてしまうと…不思議なもんです。

さっきまでは、雨の中、出発するのが億劫だったんですが、10時に出発できるように、荷物の準備を終えてしまうと…

早く出発したくなって、ウズウズしてきました!

(気温があがって暖かくなってきたせいかも?)

いざ出発!

雷鳥沢キャンプ場(雨)とマイテント雷鳥沢キャンプ場(翌朝9:00頃)

9:00頃。
周囲がだいぶ明るくなってきました。
雲は低く垂れ込めていますが、雨は少し弱くなってきたようです。

出発予定の10時までには、まだ1時間ほどありますが…
もう、10時まで待てなくなってきましたー。

雨、小降りになってきたんじゃない?
T氏Y氏
そーだねー!
今から出発すれば、雄山の山頂あたりで雨止むかもねー。タイミング的には、今がべストじゃない?

T氏Y氏
じゃー、行こうか?
よし、行こう!

このくらいの雨なら、雄山の往復なら行けそうです。

雨が強くなったら、引き返せばいいし。
雨が止めば、大汝山と富士ノ折立にも行けるかもしれません。

荷物の準備はしてあったので、
あとはレインウェアを着て、ザックカバーをつければ、出発準備完了です。

登山靴を履いて、テントの外へ出てみると、我々の出発のタイミングに合わせたように、ちょうど、雨が小雨ほどに弱くなってきました。

幸先がいいですね!
雨よ、このまま止んでくれー!

ザックを背負い、ヒップベルトを引き絞り、

雄山を目指して~いざ出発!

[次回ブログへ続く…]


最後までご覧頂きありがとうございました。

にほんブログ村のランキングに参加中です。
応援クリックお願いします!

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村 登山

人気ブログランキングに参加中です。
応援クリックお願いします!


登山ランキング

⬇スポンサーリンク⬇

★★★シェアする★★★

⬇スポンサーリンク⬇