脱ストックのすすめ~足腰と膝を鍛えるために!

(2)

以前使用していたストック(ブラックダイヤモンド)登山用ストック

登山でストック(トレッキングポール)を使ってみると、あまりにもの快適さに、もう手放せなくなってしまいますね!

でも、ちょっと待ってください!

快適だっていうことは…その分、足腰が鍛えられていないということでしょう?

広告
広告

登山でストックを使う派?使わない派?

登山でストック(トレッキングポール)を使う派ですか?使わない派ですか?

アンケートを作ってみましたので、ぜひ、投票してみてください!

人気ブログランキングのアンケート↓

今のところ、使う派のほうが優勢のようです。

といっても、まだ、4票しか入っていませんが…そのうちの1票は私です…(^_^;

アンケートの結果(2018年11月5日現在)
1.使う派:71件(47.3%)
2.使わない派:62件(41.3%)
3.どちらともいえない:17件(11.3%)
※詳細とコメントは、アンケートの「結果を見る」をクリックして確認!

ちなみに、私はストックは使わない派です。

以前は、私もストックを使っていたんですが…今は使っていません。

私がストックを使わなくなった経緯を、紹介しておきましょう。

私がストックを使わなくなった経緯

膝の痛みでストックを導入

あれは…登山を初めて1年ぐらい経った頃のことです。

山の下りで、膝が痛くなるようになってきたんですね。

登山を始めた頃は、膝の痛みなんて、あまり感じたことがなかったのに…

●膝の痛みの原因
登山者の膝の痛みはほとんどの場合、膝の周辺の筋肉の疲労と炎症が原因とのこと。
参考:山と溪谷2017年3月号
つまり…筋肉痛と同じと考えていいでしょう。

今考えると…たぶん…

山歩きに慣れてきた頃なので、よりハードな山歩きをするようになったのが、原因だったんでしょう。

より高い山へ!より早く登りたい! という時期でした。

オーバーペースで山を登っていたことで、膝の周りの筋肉に疲労がたまり、回復しないうちに…また山に登る…この繰り返しで、膝の痛みが慢性化していったんだと思います。

それで、膝の痛みを解消するめに、ダブルストック(両手にストックを持つこと)を導入してみたんです。

ストック依存症…一度使うと手放せなくなる!

ストックを使い始めてみると…すぐに…その快適さに手放せなくなってしまいました!

そりゃ、そうでしょう!

今までの半分ぐらいのパワーで、楽々と山道を歩けるようになったんですから!

下りの膝の痛みの解消はもちろんのこと、登りも楽ちんになって、楽しさ倍増!といったところです。

沢の渡渉や、崖っぷちの登山道でも、ストックがあればバランスがとれて安全です。

そのうちに…

もしも…山へ行く時にストックを忘れてしまったら…山へは登りたくない!

そんな気持ちになるほどに、ストックへの依存度が高くなってしまったのです。

もう、ストック依存症といってもいいくらい、そんな状態が4-5年続きました。

ストックを使わなくなった理由

でもある時に、気付いたんですね。

ストックを使えば、楽々と山道を歩けるようになりますが…

ということは…

その分、足腰が鍛えられていないんじゃないか?と…

山に登って、足腰を鍛えているつもりだったのに、効果が半減しているんじゃないか?と…

私にとって、登山は体を鍛えるという目的もあるので、せっかくキツイ思いをして山に登っても、効果が半減しているなんて、なんとも勿体ない話じゃないですか。

そのことに気づいて以来、ストックの使用は止めることにしました。

ストックを使わなくなったら…膝が強くなった!

ストックを使わなくなった直後は、下りの膝の痛みは復活しましたが…

その頃は、「膝の痛みは筋肉痛と同じ」という知識もあったので、多少、膝が痛くても我慢して(無理はしないでゆっくりと)歩いているうちに、だんだんと膝の痛みがなくなってきました。

ストックを使わないことで、膝の周辺の筋肉が鍛えられてきたのでしょう。

半年後には(山登りは月に2-3回)、ほとんど膝の痛みはなくなっていたのです。

今では、段差のある下り道でも、テント泊装備のザックを担いでいても、ひょいひょいと降りれるようになるくらい、膝が丈夫になりました。(^o^)/

長時間歩き続けた時や、段差の大きい登山道では、少し痛くなることもありますが…(^_^;

脱ストックのすすめ

私の場合は、膝の痛みを解消するために、ダブルストック(両手にストックを持つこと)を導入したんですが…あまりにもの快適さに、すっかりストック依存症になってしまっていたわけです。

たしかに、ストックを利用すれば、膝への負担が軽くなり、膝の痛みが解消されます。

でもそれは、根本的な解決にはなっていないんですね。

膝の痛みの解決方法は、膝周辺の筋肉を鍛えることです!

ストックに頼っていると、いつまでたっても、膝が鍛えられない、という状況に陥ってしまいます!

私自身、ストックの使用を止めてから、膝が鍛えられて丈夫になりました。

現在、膝の痛みでストックを使っている人は、思い切って、ストックの使用を止めてみることをおすすめします。

膝の強化には、以前の記事で紹介した、自宅でできるトレーニング、上体垂直式スクワットも効果的です。

脱ストックと、上体垂直式スクワットで、足腰の強化を目指しましょう!

あとがき

いずれ、もっと年をとって、足腰が弱くなってきたら…

その時は、また、ストックのお世話になる時が来るでしょう。

でも、それまでは、ストックの力は借りずに、足腰を鍛えていこうと思います。

◆◆◆コメント◆◆◆

  1. Manohiro より:

    Manohiroと申します。
    ブログランキングから訪問させて頂きました。

    >脱ストックのすすめ~足腰と膝を鍛えるために!

    詳細を理解しました。

    上体垂直式スクワットで、鍛えます。

    • 鈴木ライト より:

      Manohiroさん、コメントありがとうございます。
      無理をせずに、がんばってください!

      私も夏のテント泊縦走に向けて、脚力強化がんばります。(^o^)/