夏山テント泊登山計画1~どの山へ行く?

剣沢キャンプ場からみた剱岳(2012年撮影)、手前の赤いのがマイテント

夏山シーズンに向けてテント泊登山計画を開始します。

今回はざっくりと行きたい山と、おおまかな登山コースを5つあげてみました。

北アルプスの立山連邦、表銀座、裏銀座、パノラマ銀座、南アルプスの塩見岳……と登ってみたい山はたくさんあります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

夏山テント泊登山計画

GW(ゴールデンウィーク)が終わり、夏山シーズンがだんがだんだん近づいてきましたね。

3000m級の山々はまだまだ雪の世界ですが、そろそろ計画を立てておかないと準備が間に合わなくて…

結局、どこへも行けなかったー!(;_;)

なんてことにならないように、今のうちから準備を始めます。

夏山シーズンは短いので、早めに計画始めましょう!

どの山へ行く?

夏山&テント泊といえば、やはり、日本アルプスですね。

北アルプス・南アルプスでのテント泊は登山を始めた頃からの憧れでした。それは今でも変わっていません。

最初に南アルプスでテント泊したのは、登山を始めてから4年ほどかかりましたが…今でも、その時のワクワク、ドキドキ感は忘れられません。

なんといっても、3000m級の山々が密集している風景は圧巻です。

キャンプ指定地も多いので、テント泊でいろいろなコースがとれますね。

ということで、今年も北アルプスと南アルプスの山の中から行きたい山とコースを選びました。

次の5つのコースです。

1.北アルプス・立山連峰
2.北アルプス・表銀座コース
3.北アルプス・裏銀座コース
4.北アルプス・常念山脈(パノラマ銀座コース)
5.南アルプス・塩見岳

今回あげた5つのコースは、 とりあえず、一般的なルートと所要日数をあげただけです。
今後、交通手段、登山口への到着時刻、かかる日数等を考慮して、具体的な計画を進めて行きます。

【1】北アルプス・立山連峰

【登る山】
 浄土山(2668m)~立山<雄山(3003m)・大汝山(3015m)・富士ノ折立(2999m)~別山(2874m)
【所要日数】
 2泊3日

まずは立山連邦、室堂から立山三山を周回するコースです。

豊富な残雪と緑のコントラストが見事な3000mの縦走路です。別山山頂からは剱岳の勇姿も間近に望めます。

雷鳥沢キャンプ場をべースキャンプにすれば、重い荷物はテントに置いといて、身軽な装備で山歩きが楽しめます。

雷鳥沢キャンプ場の近くの雷鳥沢ヒュッテとロッジ立山連峰で、日帰り入浴(温泉)も可能のようです。

立山は2012年に単独で登ったことがありますが、その時は途中で天候が悪化して、立山三山(浄土山、立山、別山)のうち別山だけ登れず。今年は別山も含めて登っておきたい。

それにしても、室堂は別天地ですね!

室堂からの景色は山に登らなくても充分素晴らしい!

【2】北アルプス・表銀座コース

【登る山】
 燕岳(2762m)~西岳(2758m)~東釜尾根~槍ヶ岳(3180m)
【所要日数】
 3泊4日

表銀座は燕岳から東釜尾根を通って槍ヶ岳へ向かう縦走路です。

槍ヶ岳を目指す縦走路としては最も人気のあるコースですね。

槍ヶ岳は2012年に上高地~槍沢コースを登ったことがありますが、山頂から見る東釜尾根・西釜尾根はとても険しく印象的でした。

果たして、テント泊装備をかついで、この東釜尾根を歩けるのか?

若干不安もありましたが、今では期待感のほうが大きいです。

槍ヶ岳からの下りは、槍沢を下って槍沢ロッヂ経由で上高地に降りるのが一般的のようですが、飛騨沢を下って槍平小屋経由で新穂高温泉へ下山してもいいですね。

【3】北アルプス・裏銀座コース

【登る山】
 烏帽子岳(2628m)~野口五郎岳(2924m)~鷲羽岳(2924m)~三俣蓮華岳(2841m)~双六山(2860m)~西鎌尾根~槍ヶ岳(3180m)
【所要日数】
 3泊4日(テント泊の場合は4泊5日)

裏銀座コースは烏帽子岳から西釜尾根を通って槍ヶ岳に向かう縦走路です。

表銀座コースに比べると、アクセスが悪く距離も長いので歩く人は少ないようです。

2014年に雲ノ平~水晶岳に行ったときに、水晶岳付近から見た野口五郎岳の灰色っぽい山頂(雪ではない)と、緑のコントラストが印象的でした。

【4】北アルプス・常念山脈(パノラマ銀座コース)

【登る山】
燕岳(2762m)~大天井岳(2921m)~常念岳(2857m)~蝶ヶ岳(2677m)
【所要日数】
3泊4日

パノラマ銀座コースとは燕岳から常念山脈を南下する縦走路です。

パノラマという名前が付いているだけに、槍ヶ岳・穂高連邦の大展望が楽しめます。

北アルプスでは比較的に緩やかなコースで、初心者にもお薦めのコースとの事。

登山口までのアクセスは比較的楽なので、いつでも登れると思って、後回しになっているコースでもあります。

それにしても、いつからパノラマ銀座と呼ばれるようになったのでしょうか?

以前は、そんな呼ばれ方はなかったと思いますが…

北アルプスには、もうひとつ西銀座ダイヤモンドコースというのもありますね。

こちらの呼び方も最近知ったばかりです…(^_^;

西銀座・ダイヤモンドコース

雲ノ平・薬師岳の登山口として知られる折立から、太郎山黒部五郎岳三俣蓮華岳双六岳から西釜尾根を経て槍ヶ岳へ至るコース。

【5】南アルプス・塩見岳

【登る山】
塩見岳(3047m)
【所要日数】
2泊3日(三伏峠からの往復の場合)

最後は南アルプスの中央に位置する塩見岳を往復するコースです。

南アルプスの北部・南部の主な山には行ったので、ここも是非登っておきたい山の一つとなっています。

キャンプ場がある三伏峠(標高2580m)は、峠としては日本の最高所になるとのこと。

登山口となる鳥倉登山口までのバスが、例年8月末で終わってしまうため、交通が不便なところが難点でなかなか行けないですね。

登山コースは三伏峠から塩見岳往復するのが一般的ですが、塩見岳から間ノ岳~北岳を目指すロングコースもありですね。

まとめ

【1】の立山連峰は、友人2名(計3名)と計画しているグループテント泊。

【2~5】は単独テント泊の予定で、今年の年頭のブログに「今年登りたい山」としてあげた山です。

【2・3】表銀座コースと裏銀座コースはできれば繋げて歩きたいのですが、ちょっと厳しいかな。

去年の夏は天気が不安定で(天気予報が悪かったー!)、長期縦走ができなかったこともありますが、結局2回しかテント泊できなきませんでした。

しかも、1泊づつで合計2泊だけというまったく物足りないシーズンになってしまいました。

今年は天気予報にめげずに、アグレッシブに挑戦したいと思います。

全部行けるかどうかわかりませんが……

スポンサーリンク
スポンサーリンク
テント泊登山計画

最後までご覧頂きありがとうございました!
ご意見・ご感想・ご質問などありましたら、お気軽にコメントをお寄せください。
コメント欄へ
山旅GOGOトップページへ

↓ブログランキングに参加中です。応援クリックお願いします!
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

山旅GOGO

~~~ コメント ~~~