猛暑の雲取山☆奥多摩小屋でテント泊②~無謀な登山者への警告?迷いの分岐点

(0)

雲取山の道標(登山者への警告と迷いの分岐点)前回記事の続きです。

1日目:鴨沢~奥多摩小屋(後半)のレポになります。

 

広告
広告

鴨沢~奥多摩小屋(後半)

堂所~七ツ石小屋

無謀な登山者への警告?

無謀な登山者への警告

12:05頃。

ここは、堂所を出発してから20分ぐらいの、登山道が鋭角的に折り返す場所です。

道標に針金で、白い看板が吊り下げられていますね。

白い看板だけアップにしてみましょう。

無謀な登山者への警告

白い看板には、このように書かれています。

小袖登山口→雲取山頂
[約3分の1地点]
ここまで2時間かかった人は
雲取山頂まであと4時間かかります

げー!まだ4時間もかかるのかー!

○| ̄|_(ガックリ)

これを見た登山者は、さぞがっかりすることでしょう!

でも安心してください!

この「あと4時間かかります」というのは間違っていますね。そんなにはかかりません。

昭文社の「山と高原地図」では、登山口(小袖乗越から約5分)から、ここまで(堂所から約20分)のコースタイムは約2時間。ここから雲取山山頂までは、約2時間45分ほどです。

ここまで、2時間かかった人は、2時間45分で雲取山山頂に到着できる計算です。

山と高原地図のコースタイムが正しいとは、限りませんが…私が4-5回このコースを登った感覚でもそのぐらいです。

ちなみに、この白い看板がある場所は↓この辺です。(登山道が鋭角に折り返す地点)

登山地図(堂所~七ツ石小屋)

では何故、こんな、登山意欲を削ぐような、看板がかけられているのでしょうか?…

最近は、登山地図も持たない、無謀な登山者が増えているようなので、そういう人達への警告的な意味もあるのでしょう。

登山地図を読める人なら、そんなに時間はかからないだろうと、計算できますからねー。

マムシ岩

マムシ岩

12:20頃。マムシ岩へ到着。

山と高原地図には、「石灰岩の露岩」という説明書きがあります。

マムシ岩の由来はわかりませんが…

見る角度によって、マムシがトグロを巻いているように見える?かもしれませんね…

この辺は、広い場所が他にないので、登山者の多くが休憩場所としてよく利用していますね。

我々も一休みしようと思ったら…急に…

ザーーーッ!

雨が降ってきましたー。(;_;)

慌てて、ザックカバーを取り出そうとしますが…

あれっ、ザックカバーはどこだ?

ザックの下のほうに入れたはずなのに…なかなか見つからず…

結局ザックカバーを出すのに、2-3分かかってしまいました。(^_^;

さいわい、木陰にいたので、木の葉っぱが雨を防いでくれていたので、ほとんど濡れずに済みましたが…

やはり、ザックカバーはすぐに取り出せる場所、雨蓋のポケットなどに入れて置いたほうがいいですね。

これは今回の反省点です。

しかし…

ザックカバーを取り付けているうちに…

雨は止んでしまいました。(^_^;

結構、良くあることですね。

でも、雨は止んだとはいえ、雲行きは怪しく、またいつ降り出すとも限りません。

休憩は中止して、先を急ぎ出発します。

迷いの分岐点(七ツ石小屋分岐点)

七ツ石小屋分岐点

12:45頃。7つ石小屋の分岐点に到着。

ここは、登山者が道の選択に迷う分岐点です。

右へ行くべきか?左に行くべきか?

それが問題だ…(^_^;

雲取山へは、この先の、ブナ坂(ブナダワ)と呼ばれる地点で合流するので、どちらの道からも行けるんですが…

近道か?楽な道か?の選択になります。

右の道(近道)を行けば、途中に七ツ石小屋があります。

トイレ、水場、広場&ベンチがあるので、休憩するにはもってこいの場所です。

さらにその先の分岐で、七ツ石山を越えて行くルートが一番の近道です。

しかし、ここまで来るのに体力を消耗していると、ここからの登りが…かなりキツイ

左の道(楽な道)は、七ツ石山を巻いて、雲取山へ向かいます。

時間はかかりますが、ほぼほぼ、楽な道が続きます

3年前に同じメンバーで来た時は、少しでも楽な方を…ということで、左の道を選択しました。

今回は、七ツ石小屋で水の補給と昼食休憩をとりたかったので、右の道を行くことにします。

他の登山者は、だいたい…半分半分ぐらいでしたかね。

七ツ石小屋~奥多摩小屋

七ツ石小屋

七ツ石小屋

13:00頃。七ツ石小屋に到着。迷いの分岐点からは約10分。

七ツ石小屋は、定員12名?の自炊専用の小さな山小屋で、テント泊(4-5張り)も可能です。(標高は約1600m)

小屋の横(実は正面)の細い道を通って行くと、小屋の広場(休憩所&テント場)に出ます。

七ツ石小屋・広場

広場には休憩用のベンチが多数置かれ、休憩中の登山者で賑わっていました。

水場は小屋のすぐ左側。小屋から3分ほどの場所から、天然湧水を引いているとのこと。

広場の端を少し登ったところに、バイオトイレも設置されています。

テント泊する場合は…この広場がテント場を兼ねているので、登山者がいなくなる時間帯(夕方になってから)まではテントを張れないようですね。

テント場は狭く、休憩場所と兼用になっているので、いろいろと制約があるようです。

テント場を利用する場合は、七ツ石小屋のホームページを確認しておいたほうが良いでしょう。

ここまできてやっと、少し暑さもおさまってきました。

水の補給を済ませ、昼食(おにぎり)を食べていると…

ゴロゴロゴロー!

か、雷だー!(;_;)

遠くの方から雷の音が聞こえてきました。

山の天気予報では、夕方から雷雨の危険あり、という予報だったので覚悟はしてましたが、こんなに早い時間にやってくるとは。

そのうちに…過ぎ去ってくれることを期待していましたが

ピカッー!

い、い、稲光だー!(;_;)

雷の音も、だんだん大きく、近づいてきました。

ど、どうやら雷は避けられそうもありません。

ザーーーッ!

雨も降ってきましたー。(;_;)

慌ててレインウェアを着込み、いつでも出発できるように準備を整えます。

しばらく様子を見ていましたが、雨も雷も止みそもありません。

13:30頃。七ツ石小屋を出発します。

七ツ石山分岐&水場

七ツ石山分岐&水場

七ツ石小屋から3分ほどで、7つ石山への分岐点へ到着。

右へ行くと、7つ石山を越えて行くルートになります。雲取山方面への近道ですが、落雷の危険があるので(雷が怖いので)、左の巻道を通ることにします。

七ツ石山分岐&水場

この場所には水場もあります。

堂所の手前にあった水場よりも水量が豊富ですね。七ツ石小屋の水場(天然湧水)はここから引いているのでしょう。

天気が良ければ、天然湧水の味を堪能していきたいところですが…写真だけ撮って通過します。

その後、雷は断続的に続き…雨は降ったり止んだり…

ブナ坂

ブナ坂

14:00頃。ブナ坂(ブナダワ)に到着。

雷は遠のきました。降ったり止んだりしていた雨もあがったようです。

ここは、雲取山の稜線に出た所です。奥多摩小屋のテント場までは約40分。ここまでくれば、もう、着いたも同然といっていいでしょう!

天気が良ければ、ここから奥多摩小屋までは、展望が開けた場所なので、景色を楽しみながらゆっくり歩けるところですが…

ブナ坂~奥多摩小屋

やはり、ガスってますね。

残念!

ブナ坂~奥多摩小屋

でも、少し明るくなってきました。

南側の開けた方向には、かすかに山の姿が見えてきました。

七ツ石山

振り返った後ろの山は、先ほど巻いてきた、七ツ石山です。

ダンシング・ツリー

有名な?ダンシング・ツリー!

ブナ坂~奥多摩小屋

おー、だいぶ明るくなってきました。

雲は多いですが、ガスがすっかり晴れてきましたね。

期待できそうです!

ブナ坂~奥多摩小屋

奥多摩小屋の手前のヘリポートが見えてきました。

もう少しです。

ブナ坂~奥多摩小屋・ヘリポート

ここがヘリポート。

ヘリポートの向こう側はもうテント場です。

奥多摩小屋のテント場

既にテントを張っている人がいますね。

奥多摩小屋

奥多摩小屋(2017年1月撮影)
奥多摩小屋

フーッ!

14:40頃。奥多摩小屋に到着しましたー!

(奥多摩小屋の写真を撮り忘れたので、2017年1月に撮影したものを掲載しています)

奥多摩小屋は、七つ石小屋と同じく、自炊専用の山小屋ですが、中は薄暗くて小屋泊りの人はほとんどいない?思われます。(^_^;

前回の記事でも書きましたが…
奥多摩小屋は、来年2019年の3月末で閉鎖され、テント場も利用できなくなります。
詳しくは↓こちら。
奥多摩小屋(雲取山)閉鎖のお知らせ

今朝、鴨沢を出発した直後は、直射日光と暑さとテント泊装備のザックの重さで、すぐにバテバテになってしまい…

こんな調子で、奥多摩小屋までたどりつけるのか?…

途中、雷雨にも見舞われましたが…

なんとか、無事に到着できました!

天気もだいぶ回復してきたので、あとは、テントを張って、まったりと過ごしましょう!

[続く…]

 

★★★関連記事★★★
猛暑の雲取山☆奥多摩小屋でテント泊①~平将門の迷走ルート?
➡猛暑の雲取山☆奥多摩小屋でテント泊②~無謀な登山者への警告?迷いの分岐点
猛暑の雲取山☆奥多摩小屋でテント泊③~テント場にて…
猛暑の雲取山☆奥多摩小屋でテント泊④~雲取山を越えて三峯神社へ

広告
広告

最後までご覧頂きありがとうございました!

にほんブログ村ランキングに参加中。
応援クリックお願いします!

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

人気ブログランキングに参加中。
応援クリックお願いします!


登山ランキング
↑クリックしてランキングサイトへ移動すればOK!

テント泊
山旅GOGO

◆◆◆コメント◆◆◆