夏山テント泊登山計画6~食料計画

食料計画は早めに…

あっという間にもう6月末になってしまいました。
あと3週間ぐらいで梅雨も開けるでしょう。
夏山シーズンは、もうすぐそこに来ていますね。

行く山と登山コース&日程は、だいたい決まりましたが、
まだまだやることは、いっぱい残っています。

残りの準備作業で、一番時間がかかるというか
一番悩むのが食料計画です。

いつも、食料計画は一番最後になってしまい、
あんまり時間がなくて、あたふたと決めちゃいます。

時間がないと、試食もあまりできないので、
結局、同じようなものばっかりになってしまいがちです。

なので、
今年は、食料計画も早めにやっておくことにします…

とは云ったものの、
いざ、始めてみるとなかなか進まない…
このままだといつものパターンになってしまいそうなので、

とりあえず、ざっくりしたことだけ決めることにします。

食料計画のポイント

山小屋泊りであれば、
夕食と朝食(またはお弁当)は小屋で用意してくれるので、
行動食だけ用意しておけばいいですが、
(単独の場合、昼食は行動食で済ますことが多いです。)

テント泊の場合は、
行動食の他に、夕食・朝食の食料の準備と、
調理器具や食器等も用意しておく必要があります。

特にテント泊で縦走する場合は、
テント道具一式と、食料を全部かついで、山を登らなければなりません。

できるだけ、軽量&コンパクトで、
エネルギーになるものが望ましいのですが…

テント泊の食料の条件

私の考えるテント泊の食料の条件は下記の5つ。
重要な順に並べてみました。

テント泊の食料の条件
1. 常温保存できるもの
2. おいしいもの(好きなもの)
3. 高エネルギー
4. 手軽に作れるもの
5. 軽量&コンパクト

普通は、2. と 5. が逆でしょうか?
私の場合は、軽量&コンパクトさよりも
おいしいもの(好きなもの)を優先しています。

軽量&コンパクトさを優先すると、
フリーズドライ食品が中心になってしまい、
味もボリュームも満足できないからです。

※同じテント泊でもベースキャンプ型の場合は、
重い荷物はテントの中に置いて行けるので、
重量はあまり気にしないで、好きなもの、食べたいものを持っていけますね。

栄養のバランスは?

食料計画というと、
登山で1日に必要なカロリー数とか、
栄養のバランス、不足しがちなビタミンの補給方法、
とかいう話になってくるのでしょうが…

1週間ぐらいであれば、あんまり気にしません。
多少バランスが悪くても、1周間ぐらいなら問題無いでしょう。

好きなものをたくさん食べて、
エネルギー不足にならないようにするのが一番です。

試食していないものはNG!

いくら軽量&コンパクトで、高エネルギーな食料であっても、
食べた事がない物は、山へは持っていけませんね。

山で食べた時に、まずかったり、口に合わなかったりすると、
テンションがた落ちになっちゃいます。

それでも、食べられればまだいいですが、
食べらないと最悪ゴミになってしまいます。

早めに食料計画をたてておけば、
試食する時間がとれるので、
新しい食材や、調理方法にもチャレンジできるでしょう。

食料計画(5泊6日)

ということで、
今年の夏に予定している、単独テント泊縦走の食料計画を立ててみました。
さっくりとですが…

日数は、
今年の夏に予定しているテント泊での最長日数である、5泊6日とします。
3泊4日の場合は、2泊分減らせばいいだけです。

ビールのつまみ(5日分)

まずは、ビールのつまみ5日分です。(^_^;

テント場についてテントを張ったら、
まずは、ビールで乾杯でしょう!(一人でも乾杯!)

※缶ビールは山小屋で買います。ちょっと高いですが…

山ビールのつまみの定番は、柿ピーですね。

ほんとは、枝豆がほしいところですが、
山で枝豆はちょっとむずかしいので、柿ピーで充分です。

あとは、おつまみ用のチーズとサラミでもあればOK!

つまみ重さ(g)
柿ピー(5袋)125
おつまみチーズ100?
おつまみサラミ100?
合計  325?

夕食(5日分)

主食はアルファ米

次は、夕食5日分です。

主食は、アルファ米(白飯)です。
アルファ米は、お湯や水でつくるのではなく、クッカーで炊きます。
アルファ米も、普通の米と同じように、炊くと美味しくなるのです。

炊き方は、以前のブログで紹介しています。こちらをどうぞ↓
アルファ米のおいしい食べ方
アルファ米のおいしい炊き方~動画作成しました

山へ持って行く時は、
パッケージと、中に入っているスプーンと脱酸素剤をはずして、
アルファ米だけを、ジップロック・フリーザーパックへ詰め替えて行きます。

アルファ米5食分だと、
フリーザーパックのMサイズがちょうどいい大きさです。
まだ少し余裕があるので、6食分まではいけそうです。

ジップロックに詰め替えたところ↓

こうしておけば、コンパクトで軽量化もできて、ゴミの量も減らせます。

また、1つのジップロックにまとめると、
その日の体調や、腹の空き具合によって、多めにしたり、少なめにしたり、
1回に食べる量の調節が簡単にできるのが便利です。
(多めばっかりだと、足りなくなりますが…)

おかずはレトルト食品

おかずはレトルト食品がメインです。

定番はやっぱり、カレーですね!
昔からキャンプといったら、カレーというイメージがありますが、

レトルトカレーって旨いですよね!
最近はいろんな種類があり、味のバリエーションも豊富なので、
5日間全部カレーでもいいくらいです。(^_^;

普段、自宅で食べて旨いもので、
山でも食べれるものって、カレーぐらいじゃないでしょうか?
レトルトカレーってすごいですねー!

カレーの他には、親子丼、牛丼、麻婆丼、麻婆春雨とかも候補に
あげていますが、カレーに比べると味が今ひとつなので、
試食して旨いものがあったら持っていく予定。

あとは、
イワシの醤油漬けや、サンマの蒲焼きで、
炊き込みご飯を作っても美味しいです。

作り方は、以前のブログで紹介しています。こちらをどうぞ↓。
アルファ米を炊く~炊き込みご飯

その他には、
ご飯のお供にソフトふりかけと、
スープ類(わかめスープ、たまごスープ等)も用意します。

食材重さ(g)
アルファ米/白飯(5食分) 500
レトルトカレー等(3食分) 600?
いわし醤油漬け(パウチ)100?
サンマ蒲焼き(パウチ) 100?
ソフトふりかけ100?
スープ類(5食分)100?
合計 1500g

朝食(5日分)

朝食はパスタ

次は、朝食5日分です。

主食はパスタです。
朝はゆっくり調理している時間がないので、
茹でたパスタに、市販のパスタソースをからめるだけ。
スライスオリーブ等を、ちょっと入れてもおいしいです。

以前は、インスタントラーメンが多かったんですが、
かさばる割には、腹持ちがしないし、
スープも余ってしまう場合が多いので、
ここのところ、朝はパスタが定番になってきています。

パスタは、早ゆでタイプで、太さ1.6mmのミニサイズのものをよく利用します。
これだと3分で茹で上がり、長さも通常のパスタの2/3ぐらいの長さなので、
折らずに使えて便利です。

食材重さ(g)
パスタ(5食分) 500
パスタソース(5食分)150?
オリーブスライス50
合計700?

行動食&その他(5日分)

行動食

行動食は、
手軽にエネルギーを補給できるものなら、なんでもいいですが、
甘いものが中心になってしまうので、

しょっぱいもの(ミックスナッツ等)も入れておきます。
ミックスナッツは、ビールのつまみにもなりますね。(^_^;

テント泊では、フレッシュな物はなかなか口にできなので、
フルーツ感が残っているドライマンゴーもおいしいです。

行動食重さ(g)
ミックスナッツ 200?
チョコレート200?
ドライマンゴー200?
ソフトクッキー200?
合計800

その他

山にコーヒーは欠かせません。
ドリップタイプのコーヒーはゴミになるので、
インスタントコーヒーを持って行きます。

インスタントコーヒーはこれしかないですね↓
テント泊に持っていくコーヒーは?

ネスカフェ・プレジデント。
チャック付きのポリ袋に詰め替えて持っていきます。
※アルファ米のスプーンがちょうどいい大きさ。

嗜好品重さ(g)
インスタントコーヒー
(ネスカフェ・プレジデント)
※1杯約2gで15杯分
30
合計30

まとめ

以上、ざっくりと食料計画をたててみましたが、
合計重量が約3400g となりました。

1日分が800g程度で、合計4,000gに収めたいと思ってたので、
まずまずですかね。

ちなみに、
冒頭の写真は、食品パッケージのままの5日分の食料ですが、
パッケージを外して、ジップロック等にまとめると、こんな感じになります↓

ミックスナッツや、ドライマンゴーも、
山に持っていく時は、ジップロック等に詰め替えるので、
もうちょっとコンパクトになる予定です。

今のところは、こんなもんで良しとしましょう。
次は、調理器具と食器とか何を持って行けばいいか…(考え中)

(続く)


最後までご覧頂きありがとうございました!
にほんブログ村ランキングに参加してます。
↓応援クリックお願いします。

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

人気ブログランキングに参加してます。
↓応援クリックお願いします。

⬇スポンサーリンク⬇

★★★シェアする★★★

⬇スポンサーリンク⬇