テント泊の小技6~何かと便利な速乾タオル

もってこタオル

<広告>
<広告>

速乾タオルの使い方

何かと便利な 速乾タオル
私のテント泊には必須のアイテムです。

すぐに使えるように、テントの入口付近に置いておくことが大事なポイント。

使い方は、タオルというよりも雑巾ですね。

汚れるのが前提なので、汗や、顔拭き用のタオルとは別に、もう一つ、テント用タオルとして持って行きます。

では、具体的な使い方を4つ紹介します。

【1】テントの結露対策に

テントは結露するものです。
結露の予防方法(結露しにくくする方法)は、いろいろとありますが、完全に結露を防止することは難しいのです。

結露で困るのは、水滴がテント内を濡らすことですね。

なので、
テント内で結露を見つけたら
水滴が落ちる前に…

速乾タオルで、ササッと拭いてしまいます。

これで結露対策はOKです!

睡眠中は拭けないので、シュラフカバーは必須です!

【2】テント内の掃除に

テント内で自炊していると、水をこぼしたり、クッカーが吹きこぼれたり、食べ物をこぼしたり…

こんな時、そばに速乾タオルを置いておけば安心です。

速乾タオルで、ササッと掃除できますね。

【3】雨の日はレインウェアの拭き取りに

雨の日のテント泊は、憂鬱で面倒です。
トイレや水を汲みに行く時は、テントの外に出るので、レインウェアを着なければなりません。

状況によっては、レインウェアを着ないで、傘をさしてもいいですが、
傘だと、片手がふさがってしまうので、やはり、レインウエアの方がいいでしょう。
山の麓のテント場なら、傘のほうが楽ですね!

 

帰ってきた時に、濡れたレインウェアの水滴を、テント内にまき散らしてしまうことが良くあります。(^-^;

そんな時も、速乾タオルの出番です。

テントに戻ったら、すぐに、ササッと、速乾タオルで、レインウェアの水滴を拭き取ります。

これで、テント内を濡らすことはありません。

【4】テントの撤収前に

雨上がりの朝、天気は晴れそうだが、フライシートが雨で濡れている。
今日は時間に余裕があるので、出発を急ぐ必要もない。

そんな時は、朝早いうちに、速乾タオルでフライシートを拭いておくといいでしょう。
(これは、ササッとはいかない!)

そうすれば、出発するまでに、フライシートが乾いているかもしれないし、乾いていなくても、テントの撤収がだいぶ楽になりますね。

あとがき

雑巾として使うなら、
速乾タオルじゃなくてもいいんじゃない?
と思うかもしれませんね。

いやいや、速乾タオルがいいのです。
・軽量&コンパクトでかさばらない
・濡れても、絞ればすぐに吸水力が戻る
・乾きも早い

やはり、速乾タオルが、テント泊には最適なのです。

私がよく使っている速乾タオルは、これ↓

もってこタオル

軽量&コンパクト!風呂でも使える!
【サイズ】26×96cm
【本体重量】32g

AMAZONで見る

★★★関連記事★★★
テント泊の小技(一覧)

<広告>
<広告>

最後までご覧頂きありがとうございました。m(_ _)m

にほんブログ村(登山)ランキングに参加中!
↓応援クリックお願いします!

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
※クリックしてランキングサイトへ移動すればOK!

人気ブログランキング(登山)に参加中です。
↓応援クリックお願いします!


※クリックするとランキングサイトへ移動します!

テント泊の小技
★★★シェアする★★★
★★★フォローする★★★
山旅GOGO

◆◆◆コメント◆◆◆

<あわせて読みたい...>
<あわせて読みたい...>