あきらめない軽量テント?カミナドームPart1☆辛口レビュー!

(0)

カミナドーム2 at 広河原山荘
カミナドーム2 at 広河原山荘

優れた耐久性と快適性を両立しながら、最高レベルの軽量性を実現しているという山岳テント、ファイントラック社カミナドーム

ネット上では、絶賛している記事が多いようなんですが…果たして本当なのかどうか…?

現在、テント6張りを所有する管理人の辛口レビューです!

広告
広告

はじめに…

冒頭の写真は、友人Y氏が購入した、ファイントラック・カミナドーム2(2人用)。

新宿東口の某登山ショップでは、入荷するとすぐに売り切れてしまうという(友人が購入した時の店員さん談)、超大人気の山岳テントです。(笑)

2016年3月に発売された当時から、あの先進的なファイントラック社が開発した、超軽量な山岳テントということで、かなり注目していたテントです。

ネット上では、絶賛している記事が多いようなんですが…果たして本当なのかどうか…?

今回、友人Y氏がこのカミナドーム2を購入したことで、実際に山の中でテントを張って、じっくり見て触る機会を得ました。

登山ショップで見た時には、気が付かなかった点もありましたので、私なりのレビューを掲載していきたいと思います。

超大人気テントということで、レビューは超辛口にしました…(^_^;

カミナドームの購入を考えている人の参考になればいいのですが…

雲取山のテント泊の様子は↓こちらの記事にアップしています。
猛暑の雲取山~☆奥多摩小屋でテント泊①~平将門の迷走ルート?

あきらめない軽量テント~カミナドーム

あきらめない軽量テント」というのは、ファイントラック社のサイトに掲載されている、カミナドームキャッチフレーズです。

何をあきらめないのか?というと…

何かをあきらめたうえで軽さだけを求めるのではなく、強度も居住空間も生活の利便性にも妥協はしていません。4シーズン、日本の山岳で使えるテントとしての強度と快適さを備えながら、背負って行動する際の負荷だけは最小限に削る。そんなストレスフリーのテントを目指しました。

引用:ファイントラック・テント(カミナドーム)サイトより

軽さだけを求めるのではなく、強度居住空間利便性も妥協しない(あきらめない)、日本の山岳地帯で使用できる強度と、快適さを兼ね備えたテントを目指して開発した、ということですね。

素晴らしい!(パチパチパチー)

それが、実現できていればの話ですが…

それは、後ほど検証していきます。

まずは、カミナドームを開発した、ファイトラック社について簡単にふれておきましょう。

ファイントラック社のこだわりと先進性

ファイントラック社は、2004年に創業した、比較的新しい、日本のアウドドア用品メーカーです。

アウトドア用品メーカーとしては後発ですが、私がもっとも注目しているメーカーです。

その理由は、安全性を最優先に考えた結果、求める性能をもった、新しい素材を開発するところから、徹底的にこだわったモノ創りをしているというところです。

日本製であることにも強くこだわり、世界No.1である「繊維技術力」を活かした製品を開発してきました。

現在は、撥水性の高いドライレイヤー(下着)の評価が高いようですが、私がファイントラックの先進性を強く感じた製品(素材)は以下の2つです。

エバーブレス(アウター)

私がファイントラックの製品を知ったのは2010年頃でしょうか。エバーブレスという伸縮性がある、防水透湿性素材を採用したレインウエアが発売されたのです。

<エバーブレス・フォトンジャケット>

防水透湿性素材というと、ゴアテックスが有名ですが、当時、ゴアテックスを採用した製品は、硬くてゴワゴワして、着心地が悪いものばかりでした。

そこに登場した、エバーブレス素材のレインウエアやアウターは、生地が柔らかく、ストレッチ性があって、着心地もいいという画期的な製品でした。

価格は少々高かったので購入はしませんでしたが…

ファインポリゴン(寝袋)

2013年~2014年頃だったと思います。ファイントラックから、新しい素材であるファインポリゴンを採用した寝袋が発売されました。

寝袋の素材としては、軽くて、暖かくて、コンパクトに収納できるダウンが定番でしたが、なんせ、濡れに弱いという欠点がありました。テント内は結露しやすいので、ダウンの寝袋には、寝袋カバーをつけないと濡れてしまい、使い物にならなくなってしまうのです。

ダウンの濡れに弱いという欠点を補うべく登場したのが、ファインポリゴンだったわけです。

<ファイントラック・ポリゴンネスト6×4 SN>

ファインポリゴンは、軽くて、暖かくて、濡れにくく、乾きが早いというシート状の画期的な保温素材です。この素材を使った寝袋なら、嵩張る寝袋カバーもいらないんじゃないかと期待していたんですが…

暖かさと、コンパクトな収納性は、ダウンには及ばず、購入には至りませんでしたが…今後の改良に期待しています。

カミナドームの特徴と辛口評価

カミナドームをはじめて店頭で見た時の印象は…生地が薄い…でした。

特にテント本体(インナー)は、中が透けてみえるぐらいの薄さだったので、こんな薄い生地で強風に耐えられるのか…と不安に思ったものです。

カミナドームはほんとうに、軽さだけではなく、強度、居住空間、利便性にも妥協していないテントなのか?

ファイントラックのサイトに、詳細な説明が掲載されているので、まずはカミナドームの特徴を確認していきましょう。

カミナドームのサイトは↓こちら。
ファイントラック/テント(カミナドーム)

わかりやすいように、他社のテントと比較しながら検証していきます。
比較対象としたのは、山岳テントとして実績・定評のある下記の国産テントです。

【比較対象テント】
①アライテント・エアライズ
②アライテント・トレックライズ
③プロモンテ・VL
④ダンロップ・VS
⑤モンベル・ステラリッジ
⑥エスパース・ソロ/デュオ・アルティメイト
※①~④のテントは所有しています。
カミナドームと比較対象テントの仕様は、記事の最後のほうにまとめておきました。
カミナドームの仕様
比較対象テントの仕様

【1】最高レベルの軽量性

第1の特徴は、4シーズン対応の自立式ダブルウォールテントでは、最高レベルの軽さを実現しているとのこと。

●カミナドームの重量
カミナドーム1 :1120g(1270g)、短辺90cm
カミナドーム2 :1280g(1430g)、短辺130cm
()内はガイライン・収納袋・ペグ8本を含む総重量。

1人用のカミナドーム1の重量は 1120g

これが、どれだけ軽いのか?他の軽量テントと重さを比較してみましょう。

究極の1人用として発売された、トレックライズ0は 1250g。(重量差130g)

トレックライズ0は、発売当時(2012年頃)、最軽量テントとして話題になりました。短辺の長さを80cmと狭くしたことにより、この軽さが実現したんですが、カミナドーム1は短辺90cmで130gほど軽くなっています。(※トレックライズは3シーズン用です)

比較対象にしたテントで、一番軽いのは、VL16で 1210g。(重量差90g)

VLシリーズは「ギリギリの軽さへの挑戦!」をコンセプトにしたテントです。VL16は短辺の長さ90cmでカミナドーム1と同じ。2017年にモデルチェンジして、従来モデルから100gほど軽量化。それでもまだ、カミナドーム1のほうが90gほど軽いという状況です。

ということで、最高レベルの軽量性というのは、間違いないでしょう!

だたし…

この重量差が大きいと思うか、小さいと思うかは…あなたしだい…(^_^;

ちなみに、カミナドーム付属のペグは8本(通常は12本)なので、総重量を比較する場合は、4本分のペグの重さ(44g)を考慮する必要あり。
※カミナドーム付属のDAC製ペグは1本約11g

【2】群を抜くコンパクト性

第2の特徴は、居住スペースの広さの割に、収納サイズがコンパクトであること。

テントの生地が薄いので、コンパクトに折り畳めるのでしょうが…

収納状態のカミナドーム1をはじめて手にした時、

わっ!小さっ!

と思ったことを覚えています。

群を抜くコンパクト性、これも間違いなし!

【3】広く妥協のない快適空間

第3の特徴は、広くて快適な空間。いくつかの項目にわかれているので、それぞれ確認していきましょう。

異径ポールの採用で広い室内空間

天頂部と底部とで弾性の違う異径ポールを組み合わせことで、壁が高い角度で立ち上がり、広い室内空間を実現しているとのこと。

VLVSでも、同様のテントポール(DAC7001S)が採用されているので、目あたらしい技術ではないと思いますが…

●DAC7001S(DAC製)
風などでテンションのかかりやすいテント上部のポールを太くし、比較的影響の少ないテント下部のポールを細くすることにより強度とテント自体の立上がり(上部の居住感アップ)を保ちつつ、従来のポールと比べ軽量化を実現しています。
出典:HCS/VS20

店頭でカミナドーム1を見た時は、特に広さは感じませんでしたが…実際のテント泊でカミナドーム2の中に入ってみた時は、天井部分が広く感じました…それについては後述します。

暑い季節にも快適さをもたらす入り口のメッシュ窓?

入り口にメッシュが付いているのは…普通です。(^_^;)

カミナドームの場合、メッシュが入り口の上半分しかないので、通気性がいいとはいえませんね。

VLステラリッジの入り口メッシュは、入り口の半分以下ですが、エアライズトレックライズVSは入り口全面がメッシュになっています。

作業や収納スペースとして広く確保できる前室?

これは、前室が広い?と勘違いしてしまいそうな記載ですが、カミナドームの前室は特に広いわけではありません。

長辺側に入り口があるので、短辺側に入り口があるテントよりは、前室が広いということです。

●カミナドームの前室張り出しサイズ
カミナドーム1 :50cm
カミナドーム2 :60cm

比較対象としたテントで、長辺側に入り口があるテントの前室張り出しサイズと比較しても、平均的なサイズです。

海外製のテントでは、もっと広い前室を確保できるテントがありますが、あまり前室が広いと、テントの中からフライシートのファスナーが閉められなくなるので(手が届かない)、60cmぐらいがちょうどいいですね。

【4】日本の山岳に必要な耐久性

第4の特徴は耐久性。

カミナドームでは、フライとインナー、ボトム全てに66ナイロンリップストップ生地を採用。また、張力のかかる各辺に強度を高めるダイニーマテープを骨格のように縫い込み、軽量な生地でも十分な強度を実現しているとのこと。

ナイロン66というのは、一般的なナイロン糸に比べ強度、耐摩耗性に優れている生地。
ダイニーマというのは、防弾チョッキや船舶用の係留ロープ、球場の防球ネットなどに使われる「スーパー繊維」で最高レベルの強度を誇るというもの。

強風や悪天候、気象変化が激しい日本の山岳地帯では、テントの耐久性が最重要ポイントです。

カミナドームは軽量&コンパクト性は郡を抜いていますが、その分生地が薄いので、耐久性が心配なところでしたが…

ただ生地を薄くして軽量化しただけではなく、ナイロン66を採用し、ダイニーマテープで補強しているので、充分な強度と耐久性があるということですね。

ただし…

耐久性というのは、強風や、悪天候下で、実際に試してみないとわかりませんね。ファイントラック社を信じるしかないでしょう。(^_^;

ネット上では、強度や耐風性に関して問題があるような書き込みは見つからなかったので、多分大丈夫でしょう。(^o^)
凍結しにくいビスロンファスナー

耐久性と耐凍結性に優れ、泥や砂への耐性の高い、ビスロンファスナーを採用しているとの事。

雪山や、砂地で使用する場合は、便利かもしれませんが…

雪山はやらないし、砂地(海岸?)で使用する予定もないので、私には不要なスペックか…

【5】優れた収納性

第5の特徴は収納性。

収納袋が、円筒形ではなく、直方体の形になっているので、ザックにパッキングした時に、デッドスペースが少なくコンパクトに収納することが可能。

収納袋を直方体にした、というアイデアは素晴らしいですね。

他のテントでも採用して欲しいところです。

ただし、【2】郡を抜くコンパクト性と内容がかぶっているので、一緒に記載したほうがよかったですね…(^_^;

【6】最低限のパーツ使いによる修繕性のよさ

これにつては、何も説明が載ってないので…よくわかりませんが…

テントポールのパーツが別売りされているので、修繕性はいいといえるかもしれません。

その他には…ショックコード、ペグ、ガイライン…これは、登山ショップで代用品が手に入ります。

おっと、収納袋が別売りになってました!

直方体の収納袋は、他では手に入らないので、これは嬉しいかも。

カミナドームは、フライシート用の収納袋が付いてないので、1つ買い足してフライシート用にしてもいいですね。

さらに、ポールの収納袋、ペグの収納袋、フットプリントの収納袋まで別売りで用意さてれいます。需要があるかどうかは疑問ですが…

【7】厳冬期にも対応できる豊富なオプション

第7の特徴は、厳冬期への対応。

オプションで、スノーフライ(外張り)と、ウィンターライナー(内張り)が用意されているので、冬季でも保温性と防風性を高めることができます。

外張りと内張り、両方用意されているテントは、めずらしいのではないでしょうか。

外張りと内張り両方使えば(もちろん、両方一緒に使えるということですよね?)、保温性も高くて、冬季も安心して眠れそうです。

冬季や雪山にテント泊するに人には、相当ポイントが高いオプションでしょう。

ちなみに、4シーズン対応のエアライズVLVSステラリッジ、エスパース外張りのみです。
広告

山の中で張って見た感想

さて、ここからは、友人Y氏のカミナドーム2を、山の中で張って見た時の感想になります。

7月末に雲取山・奥多摩小屋のテント場にて、8月初旬に南アルプスの広河原山荘のテント場にて(北岳には登らず…)、計2回、いろいろ触って、確認させてもらいました。

良かったところ

まずは、良かったところを上げておきましょう。

軽さとコンパクト性は、言うまでもないことなので、それ以外で気に入ったところ。

1.明るい

カミナドーム2の天井部分

はじめてカミナドーム2の中に入って見た時の印象は…明るい…でした。

これは、テント本体(インナー)と、フライシートの生地を薄くすることで実現しました。(笑)

生地が薄いことによる、副作用的な効果ですね。

テント内から見ると、テント本体は白ですが、ほぼ透けている状態なので、フライシートのオレンジ色(一部グレー)で覆われている感じです。(上の写真)

フライシートのオレンジ色は、思ったよりも、明るく鮮やかな色でした。

生地が薄いこともあり、外の光がテントの中を、淡いオレンジ色に照らしてくれます。天気がよければ相当明るくなりますね。

2.天井が広い?

店頭でカミナドーム1を見た時は、それほど広いとは思わなかったんですが、テント場に張った、カミナドーム2の中に入って、天井を見上げてみると…広い…

もちろん、カミナドーム1と、カミナドーム2とは、大きさが違うので、1と2を比べてということではなくて、他社の2人用のテントと比べて…ということです。

これは、異径ポールの組み合わせで、テントの壁が高い角度で立ち上がり、天井部が広くなるように設計されているということもあるんですが…

それより、テント内が明るいことと、インナーが透けてフライシートまで見えることが、大きく影響していると思われます。(^_^;

3.フライシートがダブルファスナー

これは、カミナドームサイトには明記されていなかったんですが、フライシートがダブルファスナーになっています。

(凍結しにくいビスロンファスナーの説明のところで写真だけ載っています)

ダブルファスナーになっているので、フライシートの下部を閉じたまま、上部だけ開けて換気をするとか、外の様子を覗くのに便利です。

私だったら…夜中に…フライシートの上部だけ開けて、星空を眺めたいですね…(^_^;

残念なところ(弱点)

次は残念なところ。弱点といってもいいでしょう。

カミナドームの弱点は、ズバリ、設営に手間がかかるということです。

軽量化のためには、居住性や、利便性は、多少、犠牲にしても仕方ありませんが、テントの設営のしやすさは、悪天候時に大きく影響してくるので、そこにもこだわって(あきらめないで)欲しかったー!

慣れてしまえば、問題ないのかもしれませんが…

悪天候時には、素早くテントを設営できるかどうかが、重要なポイントになってきます。
テントの設営・撤収に手間取っていると、雨でずぶ濡れになったり、強風でテントが飛ばされたりという状況にもなりかねません。

では、何に手間がかかるのか?具体的な点をあげていきましょう。

1.袋とじスリーブになっていない

カミナドーム2の本体

登山ショップで見た時から、既にわかっていたことなんですが…

このテントは本体のスリーブにテントポールを通す、いわゆるスリーブ式テントですが、スリーブの片側が袋状にとじでいないので、テントポールの両端を本体側のグロメット(はとめ)に差し込む必要があります。

これは、テント本体のスリーブの一方から、テントポールを通してから、反対側に移動してグロメットに差し込まなければならないということです。

片側が袋状にとじていれば、一方のスリーブの端からテントポールを差し込めば、反対側に移動することなく、テントを立ち上げられて、楽なんですが…

最近のスリーブ式のテントは、ほとんど、袋とじスリーブになっているので、この構造は残念としかいいようがありませんね。

今回比較対象としているスリーブ式のテント(エアライズトレックライズステラリッジエスパース・ソロ/デュオ)は、全て、片側が袋とじスリーブになっています。
2.テントポールを差し込むグロメットが挿し難く抜け難い

テントポールを差し込む、本体四隅のグロメット(はとめ)の直径が、テントポールの先端の直径とギリギリのサイズなので、テントポールとグロメットを垂直にしないと、差し込むことができない構造になっています。

また、テント撤収時も、テントポールとグロメットを垂直にしないと、抜き難いという状態です。

この構造は、耐風性と居住性を向上させるためらしいのですが…ファイントラック社のサイトに説明がありましたので、一部引用しておきます。

finetrackからのお知らせ
カミナドームは耐風性と居住性を向上させるため、曲げ張力が高いポールを採用し、しっかりとテンションをかけてポール先端をグロメットに対して垂直に差し込む独自の構造・設営方法となっております。また、不用意にポールがグロメットから抜けないようにポール先端径とグロメットの内径の差を微小に調整しているため、設営時にある程度の慣れも必要になります。引用:ファイントラックサイトより
「カミナドーム1」「カミナドーム2」無償交換のお知らせとお詫び

ファイントラック社も、設営時に慣れが必要なことを認めています。

そもそも、袋閉じスリーブを採用していれば、この問題は発生しなかったんじゃないでしょうか。

3.フライシートの接続方式とアジャスターが使い難い

フライシートをテント本体に接続するのに、フライシート四隅のグロメットをテントポールの先に差し込むという古い?方式になっています。(下の写真)

カミナドーム2カミナドーム2

最近のテントは、ワンタッチでフライシートとテント本体を接続できる、バックル方式になっているものが多いので、これも残念なところです。

あと、フライシートの張り具合を調節するアジャスターが付いていますが、下向きに引っ張るようになっているので使い難いです。上向きのほうが、断然、引っ張りやすいのに、何故、下向きにしたのでしょうか…?

下の写真はVS20です。フライシートとテント本体はバックルで接続し、アジャスターも上向きに引っ張るようになっています。VLトレックライズも同様の構造。ステラリッジは伸縮性コードで接続するので調節不要です。

ダンロップ・VS20
ダンロップ・VS20

以上、残念なところをあげてきました。

上記の3点は、ぜひ、改良して欲しいところです。

袋状に閉じたスリーズとバックル方式を採用すれば、金属製のグロメットが不要になるし、アジャスターの調節し難さも一気に解決できますね。

軽さを維持したまま、設営のしやすさを改善できるのではないでしょうか。

総評

以上、カミナドームの辛口レビューをしてきました。

ネットでの評判もよく、大人気のテントということで、あえて辛口にしたわけですが…

結論をいうと…

素晴らしいテントです!

軽量化と耐久性を両立し、日本の山岳地帯で安心して使える、最高レベルのテントであることは、間違いないようです。

この記事を書いているうちに、私も、だんだん欲しくなってきました。(^o^)!

しかし…

設営に手間がかかるという弱点があるので、万人にはおすすめできません。

価格も高いし…(^_^;

テント初心者でしたら、設営がもっと楽で、居住性と利便性も高い、VLシリーズか、トレックライズを選んだほうがいいでしょう。

とにかく、軽くて丈夫なテントが欲しい、という人だけにおすすめします。

カミナドーム1か2か?

買うとしたら、カミナドーム1か2か?

2人で使うなら、カミナドーム2で決まりですが、1人で使う場合はどちらにするか…悩みどころですね。

カミナドーム1は1人用ですが、短辺の幅が90cmしかないので、居住性は決していいとはいえません。

かといって、カミナドーム2だと短辺は130cmなので、やや広過ぎの気もします。(重量差は160g

私が買うとしたら…カミナドーム1ですね。

カミナドームの最大の魅力は軽さとコンパクトな収納性なので、多少の居住性は犠牲にしても、最軽量のカミナドーム1を選びます。

ただし…

メインのテントとして使うのではなく、岩稜地帯の厳しいコースを歩く時や、テント場とテント場の距離が長いルートを縦走する場合に、少しでも軽量化するための、サブテントとして使いたいですね。

 

★★★関連記事★★★
あきらめない軽量テント~カミナドーム☆ネット上の評価おやおや?
マイテント紹介~アライテント・エアライズ1-2
マイテント紹介~アライテント・トレックライズ1
マイテント紹介~プロモンテ・VL14
マイテント紹介~ダンロップ・VS20

カミナドームの仕様

最後に、カミナドームの仕様を掲載しておきます。

カミナドーム1(1人用)
【重量】1120g(1270g/ペグ・張綱を収納袋を含む重さ)
【大きさ】:長辺205cm、短辺90cm、高さ100cm
【前室】50cm
【収納サイズ】本体8×15×25cm、ポール39cm
【素材】
・フライシート:15デニールリップストップ(ナイロン66+ダイニーマテープ)
・テント本体:7デニールリップストップ(ナイロン66+ダイニーマテープ)


AMAZONで見る
楽天で見る
好日山荘で見る

カミナドーム2(2人用)
【重量】1280g(1430g/ペグ・張綱・収納袋を含む重さ)
【大きさ】長辺212cm、短辺130cm、高さ105cm
【前室】60cm
【収納サイズ】本体8×17×27cm、ポール39cm
【素材】カミナドーム1と同じ


AMAZONで見る

カミナドーム4(4人用)
【重量】1840g(1990g/ペグ・張綱・収納袋を含む重さ)
【大きさ】長辺220cm、短辺210cm、高さ120cm
【前室】70cm、60cm(入り口が2箇所)
【収納サイズ】本体9.5×18×33cm、ポール36cm
【素材】カミナドーム1と同じ
今年2018年に発売。入り口が2箇所あります


AMAZONで見る
楽天で見る
好日山荘で見る

比較対象テントの仕様

長辺側に入り口があるタイプ

アライテント・トレックライズ0(究極の1人用)
【重量】1250g(1450g/ペグ・張綱を含む重さ)
【大きさ】長辺205cm×短辺80cm×高さ100cm
【前室】40cm
【素材】
・フライ:30dnリップストップナイロンPUコーティング
・本体:28dnリップストップナイロン(東レ「ファリーロ」中空糸使用)
・グランドシート:40dnナイロンタフタPUコーティング
・フレーム:NSL9フェザーライト(DAC社製)

アライテント・トレックライズ1(1人用)
【重量】1460g (1660g/ペグ・張綱を含む重さ)
【大きさ】長辺210cm×短辺110cm×高さ105cm(前室張出45cm)
【前室】45cm
【素材】トレックライズ1と同様。

プロモンテ・VL16(1人用)
【重量】1210g(1400g/ペグ・張綱を含む重さ)
【大きさ】長辺205×短辺90×高さ100cm
【前室】60cm
【素材】
・フライシート:20Dポリエステルリップ(ポリウレタン防水加工)
・テント本体:10Dナイロンリップ(通気撥水加工)
・グランドシート:30Dポリエステルリップ(ポリウレタン防水加工)
・ポール/DAC-7001S

プロモンテ・VL26(2人用)
【重量】1360g(1550g/ペグ・張綱を含む重さ)
【大きさ】長辺205×短辺120×高さ100cm
【前室】60cm
【素材】VL16と同様。

ダンロップ・VS10(1人用)
【重量】1550g(1770g/ペグ・張綱を含む重さ)
【大きさ】長辺205×短辺90×高さ100cm
【前室】60cm
【素材】
・フライシート:30Dポリエステルリップ(ポリウレタン防水加工)
・インナーテント:30Dポリエステルリップ(通気撥水加工)
・グランドシート:75Dポリエステルタフタ(ポリウレタン防水加工)
・ポール/DAC-7001S

ダンロップ・VS20(2人用)
【重量】1660g(1870g/ペグ・張綱を含む重さ)
【大きさ】長辺205×短辺120×高さ100cm
【前室】60cm
【素材】VS10と同様。

エスパース・ソロ・アルティメイト(1人用)
【重量】1340g(1440g/ペグを含む重さ)
【大きさ】長辺210×短辺100×高さ105cm
【前室】40cm(後室あり)
【素材】
・レインフライ:20Dポリエステルリップストップ(PU防水加工、シリコン撥水加工)
・本体:15Dナイロンリップストップ(超撥水加工)
・グランドシート:30Dナイロンダイヤモンドリップストップ(PU防水加工、シリコン撥水加工)
・ポール:YUNAN社 ウルトラライト・アルミ合金中空ポール(7001-T6)
エスパース・デュオ・アルティメイト(2人用)
【重量】1550g(1650/ペグを含む重さ)
【前室】40cm(後室あり)
【大きさ】長辺210×短辺130×高さ115cm
【素材】ソロ・アルティメイトと同様。

短辺側に入り口があるタイプ

アライテント・エアライズ1(1人用)
【重量】1360g (1560g/ペグ・張綱を含む重さ)
【大きさ】長辺205×短辺100×高さ100cm
【素材】
・フライシート:30dnリップストップナイロンPUコーティング
・テント本体:28dnリップストップナイロン(東レ『ファリーロ』中空糸)
・グランドシート:40dnナイロンタフタPUコーティング
・フレーム:NSL9フェザーライト(DAC社製)

アライテント・エアライズ2(2人用)

【重量】1550g (1750g/ペグ・張綱を含む重さ)
【大きさ】長辺210×短辺130×高さ105cm
【前室】40cm
【素材】エアライズ2と同様。
モンベル・ステラリッジ1(1人用)

【重量】1.28kg(1480g/ペグ・張綱・フタッフバッグを含む重さ)
【大きさ】長辺210×短辺90×高さ105cm
【前室】40cm
【素材】
・本体:30デニール・バリスティック®ナイロン・リップストップ[通気撥水加工、難燃加工]
・フロア:30デニール・バリスティック®ナイロン・リップストップ[耐水圧1,500mmウレタン・コーティング
・ポール:7001超々ジュラルミン[アルマイト酸化皮膜加工]
モンベル・ステラリッジ2(2人用)
【重量】1410g(1610g/ペグ・張綱・フタッフバッグを含む重さ)
【前室】40cm
【大きさ】長辺210×短辺130×高さ105cm
【素材】ステラリッジ2と同様。

広告
広告

最後までご覧頂きありがとうございました!

にほんブログ村ランキングに参加中。
応援クリックお願いします!

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

人気ブログランキングに参加中。
応援クリックお願いします!


登山ランキング
↑クリックしてランキングサイトへ移動すればOK!

テント
山旅GOGO

◆◆◆コメント◆◆◆