夏山テント泊登山計画7~調理器具と食器選び

食料計画の次は、調理器具と食器選びです。基本的には、軽量&コンパクトなものになるんですが、予定している食料を調理して、飲み食いできるものが、最低限必要ですね。・・・

記事を読む

夏山テント泊登山計画6~食料計画

行く山と登山コース&日程は、だいたい決まりましたが、まだまだやることは、いっぱい残っています。残りの準備作業で、一番時間がかかるというか一番悩むのが食料計画です。・・・

記事を読む

クマ対策2~クマに遭遇した時の対処方法

クマに遭遇した時/クマが接近してきた時/クマが突進してきた時/クマが襲ってきた時の対処方法・・・

記事を読む

クマ対策1~クマに遭遇しないための予防方法

衝撃的なニュース~熊鈴が効かない?~クマに遭遇したら?~正反対の意見~信頼できる情報は?~万全な対策はない・・・

記事を読む

ブヨ対策(対処編)~ポイズンリムーバーは効果なし?

ブヨ対策には予防が大切です。しっかりと予防しておけば、咬まれることもないでしょう。しかし、ブヨには油断禁物です!ブヨに万が一咬まれた時の、実践的な対処方法をまとめてみました。・・・

記事を読む

ブヨ対策(予防編)~ハッカ油と虫除けネット

ブヨが大量発生!この憎きブヨの対策について、いろいろと調べたので、私なりの予防方法と、対処方法をまとめてみました。・・・

記事を読む

テント泊の小技8~テント場の虫対策

テント泊に虫はつきものです。慣れてしまえば、それほど、気にならなくなるんですが...やはり虫はいないほうが快適です。・・・

記事を読む

夏山テント泊登山計画5~裏銀座~表銀座

さて、次は裏銀座コースです。表銀座コースを登ったら、次は裏銀座コースだ!誰しも、そう思うのではないでしょうか。まだ、登ってないんですが・・・

記事を読む

夏山テント泊登山計画4~表銀座

今年のメインイベント「北アルプス・表銀座コース」です。「燕岳」から「喜作新道~東釜尾根」を通って「槍ヶ岳」を目指します・・・

記事を読む

夏山テント泊登山計画3~常念山脈(パノラマ銀座)

槍ヶ岳・穂高連峰の展望とお花畑にも恵まれたアルプス登山の入門コース...比較的に緩やかなこの「パノラマ銀座コース」で、体を慣らしてから、メインコースに挑もうという計画です・・・

記事を読む

丹沢・塔ノ岳~大倉尾根コース(バカ尾根じゃない!)

「大倉尾根」は「バカ尾根」じゃない!というわけで、標高差約1200mの「大倉尾根コース」のポイントをリポートします・・・

記事を読む

丹沢・塔ノ岳~バカ尾根の由来?とボッカ駅伝

丹沢・塔ノ岳に登ってきました。久しぶりではありますが、これで124回目の登頂になりました。・・・

記事を読む

夏山テント泊登山計画2~立山連峰

行く山と登山コースが(だいたい)決まったので、行き帰りの登山口までのアクセス方法(交通手段、発車・到着時刻)を調べて、具体的な計画を進めて行きます。まずは、北アルプス・立山連峰・・・

記事を読む

夏山テント泊登山計画1~どの山へ行く?

GW(ゴールデンウィーク)が終わり、夏山のシーズンが、だんだん、近づいてきました!3000m級の山々は、まだまだ雪の世界ですが...今のうちから準備を始めます・・・

記事を読む

酉年登山~雁ヶ原擦山へ(五百円札の富士山の撮影地)

酉年登山の第二弾は、五百円札に描かれた富士山の撮影地として有名な「雁ヶ腹摺山(がんがはらすりやま)」です。ゴールデンウィークにもかかわらず、登山客は少なく、静かな山登りを楽しめる山でした・・・

記事を読む

テント泊に持って行く珈琲は?珈琲カスは食べられる?

山で飲む珈琲は、ドリップバッグが便利ですが...テント泊には考え物...スティック珈琲の味では満足できない...結局、テント泊に持って行く珈琲は・・・

記事を読む

プロモンテ・VL26(2017年最新モデル)の改良点

プロモンテ・VLシリーズの2017年最新モデルが発売されてますね!前モデル(VL25)からの最大の改良点は、なんといっても、⑥フライシートとポールを接続する紐をベルクロに変更・・・

記事を読む

大山桜は散っていた

神奈川県伊勢原市の「大山桜」を見に行ってきました。4月16日には、咲いていたという情報もあったので、少しは期待していたのですが...あいにく、17日から18日にかけて春の嵐のような天候だったので、すべて散ってしまった後でした。・・・

記事を読む

テント泊の小技7~雨の日のテント撤収!レジャーシートが必需品

テントの設営・撤収には、レジャーシートがあると便利です。特に雨の日には、必需品といってもいいくらい!・・・

記事を読む

丹沢・大山~表参道から大山山頂周遊コース

というわけで、大山の最も一般的なコースで、表参道から登り、下りは見晴台を経由して表参道を下山する、大山山頂周遊コースとポイントを紹介します・・・

記事を読む